電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-01 11:15
インパルス応答測定用純白色擬似雑音信号の時間軸変動耐性の検討
森 健太郎金田 豊東京電機大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) インパルス応答測定は伝達系の線形時不変性を前提としている。従って、大空間測定時の風などによる伝達系の時間変動や、再生系のDA変換器と録音系のAD変換器の標本化周波数の微小なズレなどによる時間軸変動が発生した場合には測定誤差が発生する。そしてこの誤差は測定信号の種類によって異なり、TSPなどの掃引正弦波を用いた場合には誤差が小さいが、M系列などの白色疑似雑音を用いた場合では大きな誤差が発生する。この測定誤差は、従来の白色擬似雑音の振幅スペクトルが離散点でのみ白色で、それを複素補間した連続振幅スペクトルは白色から変動することが原因と考えられた。そこで、筆者らは、連続振幅スペクトルも白色特性を持つ純白色擬似雑音の考え方を提案し、その生成アルゴリズムを示した。そして、シミュレーションと実環境実験によって、純白色擬似雑音の時間軸変動耐性を検証した結果について報告する。 
(英) In impulse response measurement, a time-invariant linear system is assumed. Therefore, measurement errors arise when there is temporal fluctuation in transmission systems caused by wind during measurement in a large space or a minute difference between the sampling periods of a digital-to-analog (DA) reproducing system and an analog-to-digital (AD) recording system. The magnitude of the errors depends on the type of measurement signal. The magnitude is small when a swept sine signal, such as a time-stretched pulse (TSP), is used; however, it is large when a pseudonoise signal, such as a maximum length sequence (M-sequence), is used. We consider that this error is caused by the fact that conventional white pseudonoise does not have a white continuous spectrum whereas its discrete spectrum is white. In this study, a new pseudonoise signal with a white continuous spectrum is proposed. We call this new signal a “pure white pseudonoise signal”, and its generation algorithm is presented. Simulations and experiments in a real environment show the effectiveness of the pure white pseudonoise signal for ensuring tolerance to time axis fluctuation.
キーワード (和) インパルス応答 / 疑似雑音 / 時間軸変動 / 純白色疑似雑音 / / / /  
(英) Impulse response / Pseudo noise / Time jitter / Pure white pseudo noise / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 475, EA2016-86, pp. 25-30, 2017年3月.
資料番号 EA2016-86 
発行日 2017-02-22 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP SIP EA  
開催期間 2017-03-01 - 2017-03-02 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2017-03-SP-SIP-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) インパルス応答測定用純白色擬似雑音信号の時間軸変動耐性の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on tolerance of time axis fluctuation of pure white pseudonoisesignal1for impulse response measurement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) インパルス応答 / Impulse response  
キーワード(2)(和/英) 疑似雑音 / Pseudo noise  
キーワード(3)(和/英) 時間軸変動 / Time jitter  
キーワード(4)(和/英) 純白色疑似雑音 / Pure white pseudo noise  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 健太郎 / Kentaro Mori / モリ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金田 豊 / Yutaka Kaneda / カネダ ユタカ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-01 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2016-86,IEICE-SIP2016-141,IEICE-SP2016-81 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.475(EA), no.476(SIP), no.477(SP) 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2017-02-22,IEICE-SIP-2017-02-22,IEICE-SP-2017-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会