電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン (ESS/通ソ/ISS)
技報アーカイブ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-01 14:25
位相投票による相互相関と円周標準偏差に基づくTDOA推定
加藤正徳仙田裕三近藤玲史NEC
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では、位相投票による相互相関と円周標準偏差に基づくTDOA 推定方法を提案する。提案法では、位相遅延とカーネル関数に基づいて、周波数ビンごとにTDOA の確率密度関数を生成する。全ての周波数ビンに対して求めた確率密度関数を重ね合わせて投票し、推定TDOA を決定する。雑音の確率密度関数のピーク位置が分散する一方で、目標音のピーク位置は集中する。このため、重ね合わせにより目標信号のピークは明瞭になり、ピーク位置の特定が容易になる。各周波数の確率密度関数の幅は、円周標準偏差を用いて変更する。これにより、目標音源のTDOA の時間変化が小さい場合に、目標信号のピークを更に強調できる。小型船舶音とドローン飛翔音で評価した結果、提案法の推定精度は従来法のGCC-PHAT よりも高くなることが確認できた。 
(英) This paper proposes a new TDOA estimation based on phase-voting cross correlation and circular standard deviation. Based on phase delay and kernel function, the proposed method generates a probability density function (PDF) of TDOA for each frequency bin. TDOA estimate is etermined by voting the PDFs generated for all frequency bins. Peak positions of the PDF for the target signal are concentrated while peak positions of the PDF for the noise are scattered. Therefore, by overlapping the PDFs for all frequency bins, a peak position for the target can be easily identified. The width of PDF is changed by circular standard deviation calculated for each frequency bin. This enhances a peak of target PDF when time change of target TDOA is small. Evaluation with small ship sound and flying drone sound shows that estimation accuracies of the proposed method are better than those of conventional GCC-PHAT.
キーワード (和) 音源方向推定 / TDOA推定 / GCC-PHAT / / / / /  
(英) Sound source localization / TDOA estimation / GCC-PHAT / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 476, SIP2016-165, pp. 159-164, 2017年3月.
資料番号 SIP2016-165 
発行日 2017-02-22 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP SIP EA  
開催期間 2017-03-01 - 2017-03-02 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2017-03-SP-SIP-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 位相投票による相互相関と円周標準偏差に基づくTDOA推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) TDOA Estimation Based on Phase-Voting Cross Correlation and Circular Standard Deviation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音源方向推定 / Sound source localization  
キーワード(2)(和/英) TDOA推定 / TDOA estimation  
キーワード(3)(和/英) GCC-PHAT / GCC-PHAT  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 正徳 / Masanori Kato / カトウ マサノリ
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 仙田 裕三 / Yuzo Senda / センダ ユウゾウ
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 玲史 / Reishi Kondo / コンドウ レイシ
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-01 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2016-110,IEICE-SIP2016-165,IEICE-SP2016-105 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.475(EA), no.476(SIP), no.477(SP) 
ページ範囲 pp.159-164 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2017-02-22,IEICE-SIP-2017-02-22,IEICE-SP-2017-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会