電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン (ESS/通ソ/ISS)
技報アーカイブ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-01 12:40
[ポスター講演]Neugebauerモデルに基づく分光反射率の推定と色の再現
井上光平原 健二浦浜喜一九大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 任意の色をRGB色立方体の頂点色の重み付き平均色として表すNeugebauerモデルに基づき,複数の色の分光反射率データを用いて,RGB色立方体の頂点色の分光反射率を推定する方法を提案する.また,推定した分光反射率から色を再現する実験を行い,元の色が良好に再現されることを確認する. 
(英) We propose a method for estimating the reflectance spectra of vertex colors of RGB color cube with the reflectance spectra data of several colors on the basis of Neugebauer model, which expresses an arbitrary color as a weighted average of vertex colors of RGB color cube. We also reproduce the colors from the estimated reflectance spectra, and show the performance of color reproduction experimentally.
キーワード (和) 分光反射率 / Neugebauerモデル / 色再現 / / / / /  
(英) reflectance spectra / Neugebauer model / color reproduction / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 476, SIP2016-150, pp. 77-82, 2017年3月.
資料番号 SIP2016-150 
発行日 2017-02-22 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP SIP EA  
開催期間 2017-03-01 - 2017-03-02 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2017-03-SP-SIP-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Neugebauerモデルに基づく分光反射率の推定と色の再現 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reflectance Spectra Estimation and Color Reproduction Based on Neugebauer Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 分光反射率 / reflectance spectra  
キーワード(2)(和/英) Neugebauerモデル / Neugebauer model  
キーワード(3)(和/英) 色再現 / color reproduction  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 光平 / Kohei Inoue / イノウエ コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 健二 / Kenji Hara / ハラ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 浦浜 喜一 / Kiichi Urahama / ウラハマ キイチ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-01 12:40:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2016-95,IEICE-SIP2016-150,IEICE-SP2016-90 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.475(EA), no.476(SIP), no.477(SP) 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2017-02-22,IEICE-SIP-2017-02-22,IEICE-SP-2017-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会