電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン (ESS/通ソ/ISS)
技報アーカイブ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-01 12:40
[ポスター講演]眼電図を利用したカーソル移動型インタフェースの実装と評価
大貝昌平田中聡久東京農工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 眼電図法は,角膜がプラス,網膜がマイナスに帯電している性質を利用して眼球運動を計測する手法である.眼電図を利用することで,目を動かすことでデバイスを操作するインタフェースを構築できる.眼電図を利用した既存のインタフェースでは,対象を直接注視することにより入力する.しかしながら,頭部を固定する必要があるため操作の自由度が低い.そこで本稿では,頭部を固定することなく,画面上のカーソルを制御できるインタフェースを提案する.提案するインタフェースでは,カーソルを少しずつ移動させることで,対象を入力する.眼電図と眼球の移動量を線形回帰でモデリングすることで,移動量に応じてカーソルを動かすシステムを実装した.複数の被験者を募り,提案したインタフェースと既存のインタフェースを比較する実験を実施した.その結果Time Based EfficiencyとOverall Relative Efficiencyはどちらも$p<0.05$で,有意差が認められた.また操作の難易度,ストレス度,満足度に関するアンケート調査では,全ての項目において$p<0.05$で,有意差が認められた. 
(英) In the previous electrooculogram (EOG) based interface, it is difficult for user to control the device, because there is a restriction of head movement. In this paper, we propose an interface that can control a cursor on the display depending on the eye movement without restriction of head movement. We implemented a system that moves the cursor according to the amount of eye movement by modeling the EOG amplitude and movement of eyeball with linear regression. We asked five subjects to participate in the experiment to compare previous and proposed interface. As a result, in the efficiency and satisfaction, a significant difference was observed ($p<0.05$).
キーワード (和) 眼電図 / ヒューマンコンピュータインタフェース / 注視入力 / カーソル制御 / / / /  
(英) Electrooculogram (EOG) / Human--computer interface / Eye-gaze input / Cursor control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 476, SIP2016-155, pp. 103-108, 2017年3月.
資料番号 SIP2016-155 
発行日 2017-02-22 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP SIP EA  
開催期間 2017-03-01 - 2017-03-02 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2017-03-SP-SIP-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 眼電図を利用したカーソル移動型インタフェースの実装と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Implementation and Evaluation of Cursor Moving Interface Using Electrooculogram 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 眼電図 / Electrooculogram (EOG)  
キーワード(2)(和/英) ヒューマンコンピュータインタフェース / Human--computer interface  
キーワード(3)(和/英) 注視入力 / Eye-gaze input  
キーワード(4)(和/英) カーソル制御 / Cursor control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大貝 昌平 / Shohei Ogai / オオガイ ショウヘイ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 聡久 / Toshihisa Tanaka / タナカ トシヒサ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-01 12:40:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2016-100,IEICE-SIP2016-155,IEICE-SP2016-95 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.475(EA), no.476(SIP), no.477(SP) 
ページ範囲 pp.103-108 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2017-02-22,IEICE-SIP-2017-02-22,IEICE-SP-2017-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会