電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-01 12:40
[ポスター講演]媒質の移流を考慮した音波伝搬解析へのCIP法の適用と評価
福田晃大大久保 寛首都大東京)・大嶋拓也新潟大)・土屋隆生同志社大)・金森正史宇宙航空研究開発機構
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) CIP法は,音場の空間微分値を陽に計算に組み込み,同時に解く時間領域数値解析手法である.そのため,広帯域における音場の計算においても数値分散誤差を小さく抑えることができる.本研究では,高次の微分値を定義して3次Hermite補間で計算する手法であるC型CIP法と,直交微分値を1次Lagrange補間で計算する手法であるM型CIP法を用いて,音場中の媒質の移流を考慮した場合の適用法を検討した.計算結果を厳密解および線形化Euler方程式法での結果と比較し,計算精度および計算速度の評価を行った. 
(英) The constrained interpolation profile (CIP) method is a calculation method with less numerical dispersion error, which uses the values of acoustic field and their spatial derivatives at grid points to solve the problem of
wave propagation. In the study, we investigate the type-C CIP and type-M CIP methods as a method considering the background flow in the acoustic field. The difference between the type-M and type-C CIP methods is the
handling of a second-order special derivative. The type-M CIP method uses the linear interpolation to calculate the advection of the perpendicular derivatives. The type-M CIP method is a simple technique with smaller memory use and less calculation time required than the type-C CIP method. Then, the calculation results are evaluated and compared with those by the exact solution and the linearized Euler equation method.
キーワード (和) CIP法 / 特性曲線法 / 移流 / 音響伝搬 / M型CIP法 / / /  
(英) constrained interpolation profile (CIP) method / method of characteristics / background flow / acoustic wave propagation / type-M CIP method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 475, EA2016-90, pp. 49-54, 2017年3月.
資料番号 EA2016-90 
発行日 2017-02-22 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP SIP EA  
開催期間 2017-03-01 - 2017-03-02 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2017-03-SP-SIP-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 媒質の移流を考慮した音波伝搬解析へのCIP法の適用と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Application and Evaluation of CIP Methods to Acoustic Wave Propagation Analysis with Multi-dimensional Advection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CIP法 / constrained interpolation profile (CIP) method  
キーワード(2)(和/英) 特性曲線法 / method of characteristics  
キーワード(3)(和/英) 移流 / background flow  
キーワード(4)(和/英) 音響伝搬 / acoustic wave propagation  
キーワード(5)(和/英) M型CIP法 / type-M CIP method  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 晃大 / Akihiro Fukuda / フクダ アキヒロ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大久保 寛 / Kan Okubo / オオクボ カン
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大嶋 拓也 / Takuya Oshima / オオシマ タクヤ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 土屋 隆生 / Takao Tsuchiya / ツチヤ タカオ
第4著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 金森 正史 / Masashi Kanamori / カナモリ マサシ
第5著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: 宇宙航空研究開発機構)
Japan Aerospace eXploration Agency (略称: JAXA)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-01 12:40:00 
発表時間 90 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2016-90,IEICE-SIP2016-145,IEICE-SP2016-85 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.475(EA), no.476(SIP), no.477(SP) 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2017-02-22,IEICE-SIP-2017-02-22,IEICE-SP-2017-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会