電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-01 12:40
[ポスター講演]音楽データベースに基づく音楽と音声の混合音源からの演奏位置推定
乾 聡志高橋 徹阪産大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 実環境下に流れる楽曲を検索するシステムについて報告する. 実環境では, 音楽信号と非音楽信号が, 異なる点から同時に発生する. 我々は, 最も単純な実環境として, 音楽と音声が異なる2 点から同時に発生する場合について検討する. システムは音楽と音声の混ざった受信信号からその音楽の再生位置を推定しなければならない. 本システムは音源定位と音源分離により音楽音を取り出し, データベースの音楽音との類似度から楽曲とその位置を検索する.音響特徴にバイナリクロマスペクトルを用いる方式である. 楽曲検索性能を, 従来のシングルチャネルで集音する方法と, マイクロホンアレイを用いた音源定位と音源分離で集音する方法で実験により比較する. 検索性能を F 値で評価した. ビームフォーミングにより検索性能が向上することを確認した. この結果から, 我々は, バイナリクロマスペクトルが音源分離との組合せに適していると結論づけた. 
(英) We describe about music information retrieval (MIR) system in real environment. In the environment, music and non-music signals are simultaneously occurred by different points. We investigate that MIR system in the simplest real environment, where music and voice signals are simultaneously occurred by two different points. The system must identify music and estimate the position in the music from received signal that is mixture signal of music signal with voice signal. The proposed system uses sound source localization and separation techniques to capture the target music signal. Then, the most likely music and its position are estimated based on a similarity between the captured signal and entry in the predefined database. The similarity is defined by acoustic feature named binary chroma spectrum. We examine MIR performance of typical single channel based system and microphone-array based system. F-measure is calculated to evaluate performance of the systems. It is confirmed that microphone-array based system is outperform typical single channel based system. We conclude that binary chroma spectrum is suitable for sound source separation.
キーワード (和) バイナリ・クロマ・スペクトル / 楽曲再生位置 / 音源定位 / 音源分離 / 音楽情報検索 / / /  
(英) Binary Chroma Spectrum / Music Playing Position / Sound Source Localization / Sound Source Separation / Music Information Retrieval / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 477, SP2016-100, pp. 129-134, 2017年3月.
資料番号 SP2016-100 
発行日 2017-02-22 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP SIP EA  
開催期間 2017-03-01 - 2017-03-02 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2017-03-SP-SIP-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音楽データベースに基づく音楽と音声の混合音源からの演奏位置推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Estimation of playing position from music and speech sources based on music database 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) バイナリ・クロマ・スペクトル / Binary Chroma Spectrum  
キーワード(2)(和/英) 楽曲再生位置 / Music Playing Position  
キーワード(3)(和/英) 音源定位 / Sound Source Localization  
キーワード(4)(和/英) 音源分離 / Sound Source Separation  
キーワード(5)(和/英) 音楽情報検索 / Music Information Retrieval  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 乾 聡志 / Satoshi Inui /
第1著者 所属(和/英) 大阪産業大学 (略称: 阪産大)
Osaka Sangyo University (略称: OSU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 徹 / Toru Takahashi /
第2著者 所属(和/英) 大阪産業大学 (略称: 阪産大)
Osaka Sangyo University (略称: OSU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-01 12:40:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-EA2016-105,IEICE-SIP2016-160,IEICE-SP2016-100 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.475(EA), no.476(SIP), no.477(SP) 
ページ範囲 pp.129-134 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2017-02-22,IEICE-SIP-2017-02-22,IEICE-SP-2017-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会