電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-01 16:40
[招待講演]事例ベース音声強調の紹介とその改良
小川厚徳木下慶介デルクロア マーク中谷智広NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,非定常雑音の抑圧を高精度に行うことができるシングルチャネル音声強調技術として注目を集めている事例ベース音声強調を紹介する.まず,事例ベース音声強調の基本的な枠組みについて概説する.続いて,事例ベース音声強調の根幹を成す事例探索の手法について説明し,その速度面と精度面の問題点を述べる.更に,それらの問題点を解決する手法として,構造化事例モデルを用いた事例探索の高速化と,ディープニューラルネットワーク(Deep Neural Network: DNN) に基づくボトルネック特徴量を用いた事例探索の高精度化を提案し,それらの有効性を実験により確認する. 
(英) This paper introduces example-based speech enhancement, which is a promising single-channel approach to cope with highly nonstationary noise. First, the basic framework of the example-based speech enhancement is outlined. Next, the example search, which is a main process of the approach, is explained and its problems, i.e. the speed and accuracy, are described. Then, we propose solutions to these problems, i.e. an acceleration method using a structured example model and an accuracy improvement method using Deep Neural Network (DNN)-based bottleneck features. We confirm the effectiveness of the proposed methods experimentally.
キーワード (和) 事例ベース音声強調 / 事例探索 / 構造化事例モデル / DNNボトルネック特徴量 / / / /  
(英) Example-based speech enhancement / example search / structured example model / DNN-based bottleneck features / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 477, SP2016-109, pp. 183-188, 2017年3月.
資料番号 SP2016-109 
発行日 2017-02-22 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP SIP EA  
開催期間 2017-03-01 - 2017-03-02 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2017-03-SP-SIP-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 事例ベース音声強調の紹介とその改良 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Introduction to Example-based Speech Enhancement and Its Improvements 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 事例ベース音声強調 / Example-based speech enhancement  
キーワード(2)(和/英) 事例探索 / example search  
キーワード(3)(和/英) 構造化事例モデル / structured example model  
キーワード(4)(和/英) DNNボトルネック特徴量 / DNN-based bottleneck features  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 厚徳 / Atsunori Ogawa / オガワ アツノリ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 慶介 / Keisuke Kinoshita / キノシタ ケイスケ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) デルクロア マーク / Marc Delcroix / デルクロア マーク
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中谷 智広 / Tomohiro Nakatani / ナカタニ トモヒロ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-01 16:40:00 
発表時間 40 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-EA2016-114,IEICE-SIP2016-169,IEICE-SP2016-109 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.475(EA), no.476(SIP), no.477(SP) 
ページ範囲 pp.183-188 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2017-02-22,IEICE-SIP-2017-02-22,IEICE-SP-2017-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会