電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-27 11:10
[招待講演]海馬神経リズムとその発生機構、脳内記憶情報処理
夏目季代久九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 生体脳には、さまざまな周波数の脳波が存在し、機能的な役割を担っている.私たちのこれまで実験結果から、生体は振動現象を生じる事で、その位相に応じて脳内神経回路内の各種神経の発火特性、可塑的性質を変化させて記憶情報処理に関わっていると考えられる.また神経振動中、神経発火の空間的な伝搬現象が観察される.生体脳は、それらの現象を用いて記憶情報処理を行っている. 
(英) There are many rhythmic activities in a brain. The oscillations have different frequency. From the results using animal brain slices, the oscillations can be induced like bursts. They can modulate the synaptic plasticity long-term potentiation dependent on the phase of each rhythm. During the oscillation, the population neuronal spike propagates. The cross coupling of the different frequencies of the rhythmic phenomena can modulate the learning process in a brain. The brain use the phenomena to process the memory.
キーワード (和) 海馬 / θ波 / β波 / てんかん波 / 記憶情報処理 / / /  
(英) Hippocampus / Theta wave / Beta wave / Epileptic discharges / Memory Process / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 423, NLP2016-105, pp. 49-54, 2017年1月.
資料番号 NLP2016-105 
発行日 2017-01-19 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC NLP  
開催期間 2017-01-26 - 2017-01-27 
開催地(和) 北九州学術研究都市 産学連携センター 
開催地(英) Kitakyushu Foundation for the Advanement of Ind. Sci. and Tech. 
テーマ(和) ニューロコンピューティングの実装および人間科学のための解析・モデル化,一般 
テーマ(英) Implementation of Neuro Computing,Analysis and Modeling of Human Science, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2017-01-NC-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 海馬神経リズムとその発生機構、脳内記憶情報処理 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Neuronal rhythm, the mechanism of it, and the memory processing in brain. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 海馬 / Hippocampus  
キーワード(2)(和/英) θ波 / Theta wave  
キーワード(3)(和/英) β波 / Beta wave  
キーワード(4)(和/英) てんかん波 / Epileptic discharges  
キーワード(5)(和/英) 記憶情報処理 / Memory Process  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 夏目 季代久 / Kiyohisa Natsume / ナツメ キヨヒサ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-27 11:10:00 
発表時間 50 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2016-105 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.423 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2017-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会