電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-27 14:10
あるクラスのXPath式から先読み付き決定性選択木オートマトンへのスキーマを用いた変換
川本将也橋本健二関 浩之名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) XML文書に対する問合せ言語としてXPathが知られている.
XPath式を決定性木オートマトンに変換することで,
XMLに対する問合せ評価を見通しよく行うことができる.
本研究ではXPathの部分クラスを定義し,
そのクラスのXPath式を先読み付き決定性選択木オートマトンへ変換する手法を提案した.
提案法ではXPath式の述語部分をボトムアップ先読み動作に変換し,
式全体を先読み結果を用いたトップダウン動作に変換する.
また,XPath式とともにXMLのスキーマ情報を入力として与え,
そのスキーマに従うXML文書に対しては使われない無駄な規則を削減する変換法も提案した.
さらに,提案法に基づく変換ツールの実装と評価実験を行った結果についても述べる. 
(英) XPath is known as a query language for XML documents.
Translating an XPath formula to a deterministic tree automaton makes it simpler to evaluate it for an XML document.
In this paper, we define a subclass of XPath,
and propose a method for translating an XPath formula in that class to a deterministic selecting tree automaton with lookahead (DSTA$^B$).
Our method translates a predicate part of a given XPath formula to a deterministic bottom-up tree automaton (DBTA) and translate the whole formula to a DSTA using the translated DBTA as a lookahead.
Moreover, we improve the method by using a schema to eliminate useless rules for XML documents valid against the schema.
Lastly we show the experimental result obtained by the tool
implemented based on the proposed method.
キーワード (和) XML / XPath / スキーマ / 木オートマトン / DTD / / /  
(英) XML / XPath / Schema / Tree automaton / DTD / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 426, SS2016-54, pp. 107-112, 2017年1月.
資料番号 SS2016-54 
発行日 2017-01-19 (MSS, SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MSS SS  
開催期間 2017-01-26 - 2017-01-27 
開催地(和) 京都工芸繊維大学 60周年記念館 2階大セミナー室 
開催地(英) Kyoto Institute of Technology 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2017-01-MSS-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) あるクラスのXPath式から先読み付き決定性選択木オートマトンへのスキーマを用いた変換 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Translation from a Fragment of XPath to Deterministic Selecting Tree Automata with Lookahead Using Schemas 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) XML / XML  
キーワード(2)(和/英) XPath / XPath  
キーワード(3)(和/英) スキーマ / Schema  
キーワード(4)(和/英) 木オートマトン / Tree automaton  
キーワード(5)(和/英) DTD / DTD  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川本 将也 / Masaya Kawamoto / カワモト マサヤ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 健二 / Kenji Hashimoto / ハシモト ケンジ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 関 浩之 / Seki Hiroyuki / セキ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-27 14:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-MSS2016-75,IEICE-SS2016-54 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.425(MSS), no.426(SS) 
ページ範囲 pp.107-112 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MSS-2017-01-19,IEICE-SS-2017-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会