電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-27 15:40
環境変化に合わせたマルチモーダルコミュニケーションのための学習システムの評価
柏尾洋平猪平栄一九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 人間とロボットがやりを行う際 間とロボットがやりを行う際 間とロボットがやりを行う際 ,人間の行動や意図を適切に解釈し 人間の行動や意図を適切に解釈し 人間の行動や意図を適切に解釈し ,状況に適した行動をロボットがと るこ状況に適した行動をロボットがと るこ状況に適した行動をロボットがと るこが望まれている .本稿では環境変化に 合わせたマルチモーダコミュニケションのめ部分観測マルコフ決定過程 を用い て最適な行動を学習する システムを構築し ,オフラインにおける学習システムの評価を行った .使用する インタフェース とし てコミュニケーションロボットの多くが備えているジェスチャ認識 ,音声認識にタッチパネルを加え ることによって ,マルチ モーダルコミュニケション における環境変化対すロバスト性 を向上させることが可能であを示した . 
(英) Service robots should take actions suitable for situation and based on interpretation of human actions and intentions. In this paper, we propose a learning system using partial observation Markov decision process for multimodal communication under dynamic environment. In addition, we have evaluated our learning system offline as a preliminary study. We verified the change of the value function and the behavior in the case with or without touch panel. We have demonstrated that robustness of multimodal communication under dynamic environment can be improved by an additional interface such as touch panel.
キーワード (和) マルチモーダルコミュニケーション / POMDP / / / / / /  
(英) Multimodal Communication / POMDP / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 424, NC2016-63, pp. 89-92, 2017年1月.
資料番号 NC2016-63 
発行日 2017-01-19 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC NLP  
開催期間 2017-01-26 - 2017-01-27 
開催地(和) 北九州学術研究都市 産学連携センター 
開催地(英) Kitakyushu Foundation for the Advanement of Ind. Sci. and Tech. 
テーマ(和) ニューロコンピューティングの実装および人間科学のための解析・モデル化,一般 
テーマ(英) Implementation of Neuro Computing,Analysis and Modeling of Human Science, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2017-01-NC-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 環境変化に合わせたマルチモーダルコミュニケーションのための学習システムの評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of a learning system with adaptation of environmental changes for multimodal communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチモーダルコミュニケーション / Multimodal Communication  
キーワード(2)(和/英) POMDP / POMDP  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柏尾 洋平 / Yohei Kashio / カシオ ヨウヘイ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 猪平 栄一 / Eiichi Inohira / イノヒラ エイイチ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-27 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2016-63 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.424 
ページ範囲 pp.89-92 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NC-2017-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会