電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-26 13:30
二つのコミュニケーション図からなるコレオグラフィの実現可能性の検討 ~ 仕様間に競合がある場合の考察 ~
木下聖基宮本俊幸阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) サービス指向アーキテクチャにおいて,コレオグラフィと呼ばれる抽象的な仕様から具体的な振舞いモデルを合成する問題はコレオグラフィ実現問題として知られる.
本論文ではコレオグラフィが二つの非循環関係によって与えられ,仕様に競合がある場合に振舞いモデルが満たすべき条件について考察する.この条件は非循環関係を有向グラフで用いて表したときの閉路の長さや数によって与えられる. 
(英) For a service-oriented architecture based system, the problem of synthesizing a concrete model, i.e., behavioral model, for each service configuring the system from an abstract specification, which is reffered to as choreography, is known as the choreography realization problem. In this paper, we consider the condition for the behavioral model when choreography is given by two acyclic relations, and conflicts exist between scenarios. The condition is given by the length and number of cycles in the directed graph that represents combined relation of two scenarios.
キーワード (和) サービス指向アーキテクチャ / 統一モデリング言語 / コレオグラフィ実現問題 / 自動合成 / モデルベース開発 / / /  
(英) service-oreinted architecture / unified modeling language / choreography realization problem / automatic synthesis / model-based development / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 425, MSS2016-61, pp. 25-30, 2017年1月.
資料番号 MSS2016-61 
発行日 2017-01-19 (MSS, SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MSS SS  
開催期間 2017-01-26 - 2017-01-27 
開催地(和) 京都工芸繊維大学 60周年記念館 2階大セミナー室 
開催地(英) Kyoto Institute of Technology 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2017-01-MSS-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 二つのコミュニケーション図からなるコレオグラフィの実現可能性の検討 
サブタイトル(和) 仕様間に競合がある場合の考察 
タイトル(英) A Study on Realizability of Choreography Given by Two Communication Diagrams 
サブタイトル(英) A Study on a Case where Conflicts Exist Between Scenarios 
キーワード(1)(和/英) サービス指向アーキテクチャ / service-oreinted architecture  
キーワード(2)(和/英) 統一モデリング言語 / unified modeling language  
キーワード(3)(和/英) コレオグラフィ実現問題 / choreography realization problem  
キーワード(4)(和/英) 自動合成 / automatic synthesis  
キーワード(5)(和/英) モデルベース開発 / model-based development  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 聖基 / Toshiki Kinoshita / キノシタ トシキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 俊幸 / Toshiyuki Miyamoto / ミヤモト トシユキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-26 13:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-MSS2016-61,IEICE-SS2016-40 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.425(MSS), no.426(SS) 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MSS-2017-01-19,IEICE-SS-2017-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会