電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-26 16:50
多視点データの潜在視点推定法
石橋英朗神力亮太磯貝浩久古川徹生九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) コンピュータビジョンの分野では複数の静止画から撮影した物体の3次元形状とカメラの視点を推定する3次元復元法の技術が発展している.本研究では3次元復元法を応用しデータマイニングのための可視化アルゴリズムを提案する.具体的には,1つの調査データを1つの静止画とみなし,調査対象の性質を3次元空間上で可視化すると同時に各調査の視点も推定する.これにより,複数の調査データを包括的に可視化しつつ個々の調査方法の視点も可視化できるようにすることが本研究の狙いである.本研究ではサッカーにおける選手の心理をさまざまな心理尺度で調査した結果を提案手法で可視化し,有効性を示す. 
(英) In the field of computer vision, 3D reconstruction method which estimates the three-dimensional shape of an object captured and the viewpoint of the camera from multiple 2D images are developing.In this research, we propose the visualization techniques for data mining by using the 3D reconstruction method.Specifically, this study regards a survey data as a 2D image, then, the property of the investigation target in the three-dimensional space and the viewpoint of each survey is visualized simultaneously.The aim of this study is to visualize of multiple data sets comprehensively and to visualize the viewpoint of each data set simultaneously.In this research, the results of investigating the psychology of athletes in football on various psychological scales are visualized by the proposed method and the effectiveness is shown.
キーワード (和) 潜在視点解析法 / 3次元復元法 / LVA / / / / /  
(英) Latent Viewpoint Analysis / 3D reconstruction / LVA / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 424, NC2016-54, pp. 37-41, 2017年1月.
資料番号 NC2016-54 
発行日 2017-01-19 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC NLP  
開催期間 2017-01-26 - 2017-01-27 
開催地(和) 北九州学術研究都市 産学連携センター 
開催地(英) Kitakyushu Foundation for the Advanement of Ind. Sci. and Tech. 
テーマ(和) ニューロコンピューティングの実装および人間科学のための解析・モデル化,一般 
テーマ(英) Implementation of Neuro Computing,Analysis and Modeling of Human Science, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2017-01-NC-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多視点データの潜在視点推定法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) intrinsic viewpoint estimation of multiple survey dataset 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 潜在視点解析法 / Latent Viewpoint Analysis  
キーワード(2)(和/英) 3次元復元法 / 3D reconstruction  
キーワード(3)(和/英) LVA / LVA  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石橋 英朗 / Hideaki Ishibashi / イシバシ ヒデアキ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神力 亮太 / Ryota Shinriki / シンリキ リョウタ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 磯貝 浩久 / Hirohisa Isogai / イソガイ ヒロヒサ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 徹生 / Tetsuo Furukawa / フルカワ テツオ
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-26 16:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2016-54 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.424 
ページ範囲 pp.37-41 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NC-2017-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会