電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-26 15:20
Javaプログラミング学習のための命名規則検査ツールの改良
松本慎平舩曵信生栗林 稔石原信也岡山大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Javaは,可搬性,安全性,学習性に優れたプログラミング言語として,多くの大学や専門学校で教育されている.そこでは,学部の授業で文法および初歩的プログラミングの学習を行った後,卒業研究や大学院で実践的なコードの作成を行わせている.後者では,命名規則,コーディングスタイル,潜在的問題で構成されるコーディング規約の順守による可読性の高いコード(リーダブルコード)の作成が,コードの保守性,信頼性を高めるために必須である.本研究グループでは,リーダブルコード作成の支援のために,リーダブルコード学習ツールを提案・実装している.
しかし,その命名規則の検査において,学生が変更できない外部の識別子(クラス,メソッドなど)も検査対象としていること,識別子の識別が不正確であるといった問題がある.
本研究では,識別子の宣言をそれらの記述パターンを表す正規表現を用いて抽出することで,これらの問題点の解消を図る.改良後の命名規則検査ツールを用いて,98個のコードの検査により,動作の正しさを確認した. 
(英) Java has been educated in many universities and professional schools due to the portability,safety,and easy learning. There, after studying grammar and basic programming in a college school, students make practical codes to graduate study and graduate school. In the latter, it is essential for maintainabillity and reliabillty to make readable codes by keeping coding conventions that consists of naming rules, coding styles, potential problems. In this laboratory, a learning tool has proposed and implemented to assist to make readable codes.But test of the naming rules has some problems. external identifiers(class, method and so on) which students cannot change cannot avoid including as test object, string pattern of identifiers is not exact. In this paper, I try to solve these problems by getting identifiers declared by using regular expression that express wording pattern of those declarations. As a result of testing 98 codes by using an improved tool for naming rules, this tool was confirmed to run exactly.
キーワード (和) Java / プログラミング教育 / リーダブルコード / コーディング規約 / 命名規則 / 正規表現 / /  
(英) Java / programming education / Readable Code / coding conventions / naming rules / regular expression / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 426, SS2016-43, pp. 41-46, 2017年1月.
資料番号 SS2016-43 
発行日 2017-01-19 (MSS, SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MSS SS  
開催期間 2017-01-26 - 2017-01-27 
開催地(和) 京都工芸繊維大学 60周年記念館 2階大セミナー室 
開催地(英) Kyoto Institute of Technology 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2017-01-MSS-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Javaプログラミング学習のための命名規則検査ツールの改良 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Improvement of Naming Rule Testing Tool for Java Programming Learning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Java / Java  
キーワード(2)(和/英) プログラミング教育 / programming education  
キーワード(3)(和/英) リーダブルコード / Readable Code  
キーワード(4)(和/英) コーディング規約 / coding conventions  
キーワード(5)(和/英) 命名規則 / naming rules  
キーワード(6)(和/英) 正規表現 / regular expression  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 慎平 / Shinpei Matsumoto / マツモト シンペイ
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 舩曵 信生 / Nobuo Funabiki / フナビキ ノブオ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗林 稔 / Minoru Kuribayashi / クリバヤシ ミノル
第3著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 信也 / Nobuya Ishihara / イシハラ ノブヤ
第4著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-26 15:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-MSS2016-64,IEICE-SS2016-43 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.425(MSS), no.426(SS) 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MSS-2017-01-19,IEICE-SS-2017-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会