電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-26 16:20
Webアプリケーションを対象としたユーザ操作の捕捉によるGUIテストコードの部分補完システム
中嶋 学高田喜朗高知工科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ユーザの画面操作に対して期待した結果や正しいページが得られるか確かめるソフトウェアテストのことをGUIテストという.WebアプリケーションのためのGUIテスト作成の手法として,汎用プログラム言語とテスティングライブラリを用いてテストコードを手動記述するプログラマブル型と,テスト実施者の操作を捕捉してその操作列の記述をテストコード中に自動生成するキャプチャ・リプレイ型がある.プログラマブル型は,プログラム言語が持つ変数や関数などの機構を活用することでテストコードの保守性を高く保てるが,簡単な操作列を記述するのにもしばしば手間が掛かる.一方,キャプチャ・リプレイ型は,Webアプリケーションをただ操作するだけでテストコードの一部を自動生成できるが,自動生成されたテストコードは保守性が低く,類似のテストであっても,あるいはアプリケーションを少し修正しただけでも,しばしば操作をやり直してテストコードを再生成する必要がある.本研究では,プログラマブル型のテスト作成時にキャプチャ・リプレイ型が持つ操作記述の自動生成機能を利用可能にする,プログラマ向けGUIテストコード作成支援システムを開発する. 
(英) Programmable testing and capture-replay testing are two main categories of Web GUI testing. In the programmable testing, a tester writes GUI testing code by hand using some general-purpose programming language and a testing library. In the capture-replay testing, a testing tool captures the GUI operations of a human tester and automatically puts a description of the operation sequence into a testing code. Creating testing code with the capture-replay testing tool is easier than writing testing code by hand in the programmable testing; however, the resultant testing code in the capture-replay testing is less maintainable, and a tester may have to re-capture the operations whenever the application-under-test is modified. In this study, we develop a novel programmable Web GUI testing tool that incorporates the automatic generation of the description of GUI operations.
キーワード (和) GUIテスト / Webアプリケーション / テストコード / プログラマブル型 / キャプチャ・リプレイ型 / / /  
(英) GUI testing / Web applications / testing code / programmable testing / capture-replay testing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 426, SS2016-45, pp. 53-57, 2017年1月.
資料番号 SS2016-45 
発行日 2017-01-19 (MSS, SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MSS SS  
開催期間 2017-01-26 - 2017-01-27 
開催地(和) 京都工芸繊維大学 60周年記念館 2階大セミナー室 
開催地(英) Kyoto Institute of Technology 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2017-01-MSS-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Webアプリケーションを対象としたユーザ操作の捕捉によるGUIテストコードの部分補完システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A system for autocompleting a partial Web GUI testing code with user interaction capturing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) GUIテスト / GUI testing  
キーワード(2)(和/英) Webアプリケーション / Web applications  
キーワード(3)(和/英) テストコード / testing code  
キーワード(4)(和/英) プログラマブル型 / programmable testing  
キーワード(5)(和/英) キャプチャ・リプレイ型 / capture-replay testing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中嶋 学 / Manabu Nakajima / ナカジマ マナブ
第1著者 所属(和/英) 高知工科大学 (略称: 高知工科大)
Kochi University of Technology (略称: Kochi Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 喜朗 / Yoshiaki Takata / タカタ ヨシアキ
第2著者 所属(和/英) 高知工科大学 (略称: 高知工科大)
Kochi University of Technology (略称: Kochi Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-26 16:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-MSS2016-66,IEICE-SS2016-45 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.425(MSS), no.426(SS) 
ページ範囲 pp.53-57 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MSS-2017-01-19,IEICE-SS-2017-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会