電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-19 14:25
[奨励講演]近接車両センシング情報のリアルタイム共有のための車車間通信プロトコル
藤田 敦山口弘純東野輝夫阪大)・高井峰生阪大/カリフォリニア大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,各車両が測域センサにより検出した近接車両への相対距離と方向の情報を,車車間通信により周辺車両と共有することにより,複数車両の相互位置関係をリアルタイムに把握するための車車間通信プロトコルを提案する.提案手法では,自車両と周辺車両がどの車両の位置情報をブロードキャスト通知したかを考慮し,自車両が通知すべき車両の情報ならびにその通知タイミングを自律的に制御することで,同一車両の位置情報が冗長に繰り返し送信される状況を抑制しながら十分な周辺車両認識を実現できるように工夫している.シミュレーションにより提案手法の評価を行った結果,ブロードキャスト通知のタイミングの制御を行わない方式と比べ,メッセージのオーバーヘッドを約45%削減し,メッセージ受信率を約70%改善可能であることを確認した. 
(英) In this report, we propose an inter-vehicle protocol for sharing vehicles' relative positions among nearby vehicle in real-time. In the proposed method, each vehicle determines the priority on disseminating neighbor's position data based on current surrounding awareness and received messages from nearby vehicles. Then it controls message dissemination to prevent position information about the same vehicle from being unnecessarily exchanged without degrading the capability of surrounding awareness.
キーワード (和) 協調ITS / 車車間通信 / 周辺認識 / 送信制御 / / / /  
(英) cooperative ITS / inter-vehicle communication / vehicle awareness / transmission control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 406, MoNA2016-30, pp. 7-12, 2017年1月.
資料番号 MoNA2016-30 
発行日 2017-01-12 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ASN MoNA MICT  
開催期間 2017-01-19 - 2017-01-20 
開催地(和) 別府 花菱ホテル 
開催地(英)  
テーマ(和) 知的環境, 医療・健康・スポーツのための技術, スマートシティとモバイル通信, 技術展示および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2017-01-ASN-MoNA-MICT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 近接車両センシング情報のリアルタイム共有のための車車間通信プロトコル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Inter-vehicle Communication Protocol for Efficient Vehicle Location Sharing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 協調ITS / cooperative ITS  
キーワード(2)(和/英) 車車間通信 / inter-vehicle communication  
キーワード(3)(和/英) 周辺認識 / vehicle awareness  
キーワード(4)(和/英) 送信制御 / transmission control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 敦 / Atsushi Fujita / フジタ アツシ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 弘純 / Hirozumi Yamaguchi / ヤマグチ ヒロズミ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 東野 輝夫 / Teruo Higashino / ヒガシノ テルオ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高井 峰生 / Mineo Takai / タカイ ミネオ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学/カリフォルニア大学ロサンゼルス校 (略称: 阪大/カリフォリニア大)
Osaka University/University of California, Los Angeles (略称: Osaka Univ./UCLA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-19 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2016-30 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.406 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoNA-2017-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会