電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-17 10:45
[招待講演]会話とその認知的・社会的環境
高梨克也京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) コミュニケーション研究に関わる多くの関連分野において,近年,多人数・マルチモーダル会話の分析が盛んになりつつあるが,自然な日常生活環境の中での多人数・マルチモーダルインタラクションを体系的に分析するには既存の分析枠組みの拡張も必要となると考えられる.そこで,本稿では,多人数・マルチモーダル会話に伴う認知的・社会的環境の複雑さを捉えるのに有効な,成員カテゴリーと関与配分という分析概念をその理論的背景とともに概観するとともに,これらを用いた分析事例を紹介する. 
(英) Though studies in multiparty and multimodal interaction have been increasing recently in various associated academic fields, some expansions of existing analytic framework seem required for analyzing systematically these interaction observed in truly natural everyday life situations. In order to comprehend the complexity of such cognitive and social environments accompanying multiparty and multimodal interaction, this article introduces the concepts of “membership category” and “allocation of involvement” with their theoretical background, and illustrates them by case analyses.
キーワード (和) 会話 / 多人数会話 / マルチモダリティ / 成員カテゴリー / 関与配分 / / /  
(英) Conversation / Multiparty Interaction / Multimodality / Membership Category / Allocation of Involvement / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 368, TL2016-43, pp. 37-42, 2016年12月.
資料番号 TL2016-43 
発行日 2016-12-09 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2016-12-16 - 2016-12-18 
開催地(和) 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 
開催地(英) Room 303/304/305, Building #8, Waseda University 
テーマ(和) テーマ1:言語と学習・言語の学習, テーマ2:意味の創発・場の共創 
テーマ(英) Theme 1: Language and Learning, Theme 2: Co-creation in a place, Emergence of meaning 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2016-12-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 会話とその認知的・社会的環境 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Conversation and its cognitive and social environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 会話 / Conversation  
キーワード(2)(和/英) 多人数会話 / Multiparty Interaction  
キーワード(3)(和/英) マルチモダリティ / Multimodality  
キーワード(4)(和/英) 成員カテゴリー / Membership Category  
キーワード(5)(和/英) 関与配分 / Allocation of Involvement  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高梨 克也 / Katsuya Takanashi / タカナシ カツヤ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-17 10:45:00 
発表時間 45 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2016-43 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.368 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2016-12-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会