電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-12 15:25
ElasticSOMによる可視化とデータ識別
武 湧人ハルトノ ピトヨ中京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 高次元データの可視化によく自己組織化マップ(SOM)が用いられる。SOMによりデータの位相構造を低次元マップに反映できるものの、多次元尺度構成法(MDS)とは異なり、データ点間の距離を必ずしも保存できるとは限らない。本研究では、格子状に固定することなく、流動的にニューロンが動けるSOM(Elastic SOM)を提案する。ここで提案するElastic SOMによって、より正確なデータ構造を可視化できるだけなく、MDSではできない新しい点のマップ上への射影を行うことができる。それによって、Elastic SOMは可視化だけでなく、データの識別に用いることができる。 
(英) Due to its simplicity, Self-Organizing Maps(SOM) are often utilized to visualize high dimensional data. While SOM is able to preserve the intrinsic topological characteristics of the high dimensional data, unlike Multidimensional Scaling(MDS), it often fails to preserve the inter-distance relations of data. In this study, we propose a visualization algorithm called Elastic SOM, which preserves not only the topological structure of the data but also their distances. Different from the traditional MDS, the proposed algorithm can also be used as a classifier.
キーワード (和) 自己組織化マップ / 多次元尺度構成法 / ニューラルネットワーク / 次元圧縮 / 識別 / / /  
(英) Self-Organizing Maps / Multidimensional Scaling Method / Neural Network / Dimension Reduction / Classification / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 353, NLP2016-89, pp. 27-32, 2016年12月.
資料番号 NLP2016-89 
発行日 2016-12-05 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2016-12-12 - 2016-12-13 
開催地(和) 中京大学 
開催地(英) Chukyo Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2016-12-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ElasticSOMによる可視化とデータ識別 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Visualization and Classification by ElasticSOM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自己組織化マップ / Self-Organizing Maps  
キーワード(2)(和/英) 多次元尺度構成法 / Multidimensional Scaling Method  
キーワード(3)(和/英) ニューラルネットワーク / Neural Network  
キーワード(4)(和/英) 次元圧縮 / Dimension Reduction  
キーワード(5)(和/英) 識別 / Classification  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武 湧人 / Yuto Take / タケ ユウト
第1著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ハルトノ ピトヨ / Pitoyo Hartono /
第2著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-12 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2016-89 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.353 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2016-12-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会