電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-04 15:50
リモートセンシングによる脳波計測
小池 誠MKマイクロ波研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 通常,脳波は頭皮に設置された電極を介して計測される。これに対して,本稿は,頭皮など身体に近接した位置に電極を設置することなく,遠隔から脳波を計測するリモートセンシングを紹介するものである。レーダーをアクティブセンサーに応用し,レーダー用送信機から頭部に指向性電波を照射し,レーダー用受信機が頭部で反射した反射波を受信する。この反射波に脳波成分が含まれているので,脳波成分を復調する。このようなリモートセンシングはアクティブセンサーの一種であるが,反射波通信として把握することもできるし,ブレイン・マシン・インタフェースとして把握することもできる。計測した脳波からニューロフィードバック・コンピュータが制御信号を計算し,送信機がこの制御信号を乗せた搬送波を頭部に照射することにより,ターゲットの脳波を所望の脳波に変更するとともに,ターゲットの行動を変えることができる。 
(英) Typically, EEG is measured through electrodes on the skin of the head of a subject. In contrast, I report herein the detection of EEG by remote sensing without any electrode on the skin or the vicinity of the subject. Radar is applied to the EEG detection, serving as an active sensor; a transmitter emits a radiofrequency beam onto the head of a subject through an antenna, and a receiver receives a reflection from the head. The reflection includes EEG components, which are demodulated. The remote sensing has aspects of active sensors, reflection communications and novel brain-machine interfaces. A neuro-feedback computer calculates a control signal based on the detected EEG signal, and another transmitter irradiates a carrier with the control signal in a form of beam onto the head of the subject so as to transform the EEG of the subject to a desired EEG, thereby changing the behavior thereof.
キーワード (和) 脳波 / リモートセンシング / アクティブセンサー / ブレイン・マシン・インタフェース / BMI / 反射波通信 / マインド・コントロール / サイバネティックス  
(英) EEG / remote sensing / active sensor / brain-machine interface / BMI / reflection communication / mind control / cybernetics  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 286, MICT2016-54, pp. 35-42, 2016年11月.
資料番号 MICT2016-54 
発行日 2016-10-28 (MICT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MICT  
開催期間 2016-11-04 - 2016-11-05 
開催地(和) 大阪国際交流センター 
開催地(英) Osaka International House Foundation 
テーマ(和) レギュラトリサイエンス, ヘルスケア・医療情報通信技術, 一般 
テーマ(英) Regulatory Science, Healthcare and Medical Information Communication Technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MICT 
会議コード 2016-11-MICT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リモートセンシングによる脳波計測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) EEG Detection by Remote Sensing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 脳波 / EEG  
キーワード(2)(和/英) リモートセンシング / remote sensing  
キーワード(3)(和/英) アクティブセンサー / active sensor  
キーワード(4)(和/英) ブレイン・マシン・インタフェース / brain-machine interface  
キーワード(5)(和/英) BMI / BMI  
キーワード(6)(和/英) 反射波通信 / reflection communication  
キーワード(7)(和/英) マインド・コントロール / mind control  
キーワード(8)(和/英) サイバネティックス / cybernetics  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小池 誠 / Makoto Koike / コイケ マコト
第1著者 所属(和/英) 小池誠マイクロ波研究所 (略称: MKマイクロ波研)
Makoto Koike Microwave Research Institute (略称: MK Microwave Researh)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-04 15:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MICT 
資料番号 IEICE-MICT2016-54 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.286 
ページ範囲 pp.35-42 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-MICT-2016-10-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会