電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-04 09:15
エンドユーザ主導開発のためのドメイン特化型技術の適用性に関する考察
中所武司明大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 変化の激しい時代には,業務の知識を有するエンドユーザ主導のアプリケーション開発とその保守が重要になると考え,その技法を研究してきた.エンドユーザである業務の専門家が,自ら必要とするWebアプリケーションを開発するためには,フロントエンドのビジュアルなユーザインタフェースとバックエンドのデータベースの定義に加えて,アプリケーション固有のビジネスロジックの定義が重要である.ドメイン特化型フレームワークを用いたビジネスロジックの定義において,プログラミングスキルを必要としない方式は実際の適用範囲が狭くなるというトレードオフ問題がある.本稿では,プログラミングの記述粒度を要求仕様定義レベルに保ちながらビジネスロジックのより詳細な定義を可能とするテンプレートを導入することにより適用性を改善した. 
(英) The development of Web applications should be supported by business professionals themselves since Web applications must be modified frequently based on their needs. In our recent studies, web applications are developed by using a domain-specific application framework and visual modeling technologies. The applicability of these technologies, however, decreases if the programming skill is required for end-user development. This trade-off problem is improved by using a template for business logic description based on three-tier architecture.
キーワード (和) エンドユーザコンピューティング / ビジネスロジック / 3層アーキテクチャ / テンプレート / / / /  
(英) End-user computing / Business Logic / Three-Tier Architecture / Template / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 284, KBSE2016-28, pp. 25-30, 2016年11月.
資料番号 KBSE2016-28 
発行日 2016-10-27 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2016-11-03 - 2016-11-04 
開催地(和) 信州大学 長野(工学)キャンパス 
開催地(英) Nagano-Engineering Campus, Shinshu University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2016-11-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エンドユーザ主導開発のためのドメイン特化型技術の適用性に関する考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Applicability of domain-specific technologies for end-user development 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) エンドユーザコンピューティング / End-user computing  
キーワード(2)(和/英) ビジネスロジック / Business Logic  
キーワード(3)(和/英) 3層アーキテクチャ / Three-Tier Architecture  
キーワード(4)(和/英) テンプレート / Template  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中所 武司 / Takeshi Chusho / チュウショ タケシ
第1著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-04 09:15:00 
発表時間 45 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2016-28 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.284 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2016-10-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会