電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-04 10:45
D-Case: ステークホルダーを明確化したGSNによる合意形成手法
石津流弥松野 裕日大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年、システム保証の手法としてアシュアランスケースが注目を集めている。その表記法としてGSN(Goal Structuring Notation)などが研究開発されている。しかしながら、従来のGSN手法では、システムが複雑化されるにつれ、そのためのGSN自体が複雑、膨大になるなどの根本的な課題があった。本論文ではこれらの課題を解決するため、対象となるステークホルダーの明確化や記述量の制限などを定式化したGSN記述法: D-Case手法を提案する。D-Case手法を、自動運転などをテーマとして初期適用を行った結果を報告する。 
(英) Recently, assurance cases have been getting attention as a method for system assurance. However, conventional description methods for assurance cases have several fundamental problems such that as the systems become huge and complex, the assurance cases for the systems also become so. To solve the problems, this paper we propose D-Case: a consensus building method using GSN with Stakeholders, which explicitly defines the stakeholders and limits the size of assurance cases. We report preliminary experiments using D-Case method for automatic driving cars.
キーワード (和) アシュアランスケース / GSN / 合意形成 / ステークホルダー / / / /  
(英) Assurance Cases / Goal Structuring Notation / D-Case / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 284, KBSE2016-24, pp. 1-6, 2016年11月.
資料番号 KBSE2016-24 
発行日 2016-10-27 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2016-11-03 - 2016-11-04 
開催地(和) 信州大学 長野(工学)キャンパス 
開催地(英) Nagano-Engineering Campus, Shinshu University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2016-11-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) D-Case: ステークホルダーを明確化したGSNによる合意形成手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) D-Case: a Consensus Building Method using GSN with Stakeholders 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アシュアランスケース / Assurance Cases  
キーワード(2)(和/英) GSN / Goal Structuring Notation  
キーワード(3)(和/英) 合意形成 / D-Case  
キーワード(4)(和/英) ステークホルダー /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石津 流弥 / Ryuya Ishizu / イシヅ リュウヤ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松野 裕 / Yutaka Matsuno / マツノ ユタカ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-04 10:45:00 
発表時間 45 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2016-24 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.284 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2016-10-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会