電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-03 13:35
ユーザの状況を考慮した操作支援システムの自動生成
中村史門早大)・岩田 一神奈川工科大)・白銀純子東京女子大)・深澤良彰早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 操作方法がわからないユーザに対して操作方法を提示する操作支援システムは、ユーザが使いたい機能の最初からの操作方法を提示する。しかしこれでは、ユーザが操作を進めているときには、行った操作の内容が破棄され、操作のしなおしになることが多い。そこで本研究では、ユーザの操作済み内容をできるだけ生かして目的の操作を行うことができるようにするために、ユーザの操作済みステップを起点として、目的を達成するまでの操作方法を提示する操作支援システムを提案する。これにより、従来は支援していなかった、間違った操作ステップから適切な操作ステップまで戻ることを提示することになり、ユーザの作業のしなおしを最小限に抑えることができる。具体的にはアプリケーションのアクティビティ図から各機能における操作のパスを抽出し、開発者がパスに追加記述をすることにより操作支援システムの自動生成を行う。 
(英) Operation support systems show operation procedures from start to end to users. However, when users have already operated in the middle , operations that users have already done are ignored, and users often redo the operations. In this study, we propose an operation support system that shows operation procedures from user’s last operation to accomplish user’s purpose. Due to this, redoing operations can be minimized.. Concretely, the operation support system is automatically generated by extracting operation paths of functions from the activity diagram and developer’s additional description to paths.
キーワード (和) 操作支援 / 入力 / 自動生成 / アクティビティ図 / / / /  
(英) Operation support / Input / Automatic generation / Activity diagram / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 284, KBSE2016-30, pp. 37-42, 2016年11月.
資料番号 KBSE2016-30 
発行日 2016-10-27 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2016-11-03 - 2016-11-04 
開催地(和) 信州大学 長野(工学)キャンパス 
開催地(英) Nagano-Engineering Campus, Shinshu University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2016-11-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ユーザの状況を考慮した操作支援システムの自動生成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic Generation of Operation Support System Based on User's State 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 操作支援 / Operation support  
キーワード(2)(和/英) 入力 / Input  
キーワード(3)(和/英) 自動生成 / Automatic generation  
キーワード(4)(和/英) アクティビティ図 / Activity diagram  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 史門 / Shimon Nakamura / シモン ナカムラ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 一 / Hajime Iwata / イワタ ハジメ
第2著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: KAIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 白銀 純子 / Junko Shirogane / シロガネ ジュンコ
第3著者 所属(和/英) 東京女子大学 (略称: 東京女子大)
Tokyo Woman's Christian University (略称: Tokyo Woman's Christian Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 深澤 良彰 / Yoshiaki Fukazawa / フカザワ ヨシアキ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-03 13:35:00 
発表時間 45 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2016-30 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.284 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2016-10-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会