電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-03 15:15
日本語表現の違いに基づく要求記述改善のための辞書構築
滝沢陽三茨城高専)・小形真平岡野浩三信州大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 顧客が要求について同じ意味内容をより相手に伝わりやすくするための記述改善に必要な辞書情報の構築手法および支援ツールについて報告する.本手法では,要求が伝わりやすいと捉える表現を共有する範囲を「ムード」と定義しており,辞書情報はこのムードによって,要求を記述する集団の主観に基づいて蓄積・利用されることが想定されている.表現選択が主観に基づくことから,ムード辞書の定義・蓄積は既存の成果物の分析だけではなく,顧客を含めた要求記述者の判断や調整を手法やツールに組み込む必要がある.本稿では,これらを踏まえた手法の開発やツールの試作について報告すると共に,ツール試用結果に関する考察と今後の課題について述べる. 
(英) It is reported that a construction method and supporting tools for dictionaries needed for improving descriptions to tell same meanings provided as customers' requirements to other persons more properly. In this method, a term "mode" is defined as scope of sharing expressions to provide requirements more properly. The dictionaries are assumed to be based on describing requirements by groups subjectively. Because of selecting expressions subjectively, we are not only analyzing existed documents but also referring decisions or adjustments by people themselves who describe requirements to define the method and make the supporting tools. In this paper, we report about developing the method and a prototype of the supporting tools under the concept described above. Considerations for results of a trial test of the tools and future works are also described.
キーワード (和) 要求定義 / 自然言語 / 要求記述 / 辞書構築 / / / /  
(英) Requirement Definition / Natural Language / Requirement Description / Dictionary Construction / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 284, KBSE2016-26, pp. 13-18, 2016年11月.
資料番号 KBSE2016-26 
発行日 2016-10-27 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2016-11-03 - 2016-11-04 
開催地(和) 信州大学 長野(工学)キャンパス 
開催地(英) Nagano-Engineering Campus, Shinshu University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2016-11-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 日本語表現の違いに基づく要求記述改善のための辞書構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Construction of Dictionary for Improving Requirement Descriptions by Differences of Japanese Expressions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 要求定義 / Requirement Definition  
キーワード(2)(和/英) 自然言語 / Natural Language  
キーワード(3)(和/英) 要求記述 / Requirement Description  
キーワード(4)(和/英) 辞書構築 / Dictionary Construction  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝沢 陽三 / Yozo Takizawa / タキザワ ヨウゾウ
第1著者 所属(和/英) 茨城工業高等専門学校 (略称: 茨城高専)
National Institute of Technology, Ibaraki College (略称: NIT, Ibaraki College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小形 真平 / Shinpei Ogata / オガタ シンペイ
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡野 浩三 / Kozo Okano / オカノ コウゾウ
第3著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-03 15:15:00 
発表時間 45 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2016-26 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.284 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2016-10-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会