電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-28 11:45
オンラインジャッジの履歴を対象としたプログラマの成長分析
則行祐作中川尊雄畑 秀明松本健一奈良先端大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) オンラインジャッジシステム(OJS)は,プログラムの仕様や入出力例が書かれたプログラミング問題集を提供し,提出された解答ソースコードを即座にコンパイル・テストし,実行結果と正誤を通知するシステムである.実際に,教育の現場にOJSを導入することで,教育コスト削減や学習の効率化に繋がることが報告されている.しかし長期に渡っての学習者の能力向上の推移や学習法などは解明されていない.そこで,本研究ではオンラインジャッジユーザの解答履歴を用いてプログラマの活動を分析する.問題群をクラスタリングし,得られたクラスタに対するユーザの解答履歴を詳細に分析することで,プログラマの成長過程を明らかにする. 
(英) An online judge is an online system that provides programming problems and an environment for compiling and testing submitted source code. Such systems store the histories of executions and users can see them.Programmers can learn and improve their programming skills by addressing problems in an online judge system. However, improving their skills is not easy and programmers sometimes stop learning. To help programmers learning in an online judge, we aim to understand the patterns of learning process. In this study, we analyze the histories of AOJ online judge by finding the characteristics of problems and investigating the histories of programmers' activities.
キーワード (和) オンラインジャッジ / AOJ / プログラマ成長分析 / / / / /  
(英) Online Judge / AOJ / Growth of Programmers / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 277, SS2016-34, pp. 97-101, 2016年10月.
資料番号 SS2016-34 
発行日 2016-10-20 (SS, DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 DC SS  
開催期間 2016-10-27 - 2016-10-28 
開催地(和) 彦根勤労福祉会館(彦根市) 
開催地(英) Hikone Kinro-Fukushi Kaikan Bldg. 
テーマ(和) ソフトウェアシステム, ネットワーク環境でのディペンダビリティ 
テーマ(英) Software System and Dependability on Network, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2016-10-DC-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オンラインジャッジの履歴を対象としたプログラマの成長分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of the Growth of Programmers with Online Judge Archives 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) オンラインジャッジ / Online Judge  
キーワード(2)(和/英) AOJ / AOJ  
キーワード(3)(和/英) プログラマ成長分析 / Growth of Programmers  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 則行 祐作 / Yusaku Noriyuki / ノリユキ ユウサク
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 尊雄 / Takao Nakagawa / ナカガワ タカオ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 畑 秀明 / Hideaki Hata / ハタ ヒデアキ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 健一 / Kenichi Matsumoto / マツモト ケンイチ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-28 11:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2016-34,IEICE-DC2016-36 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.277(SS), no.278(DC) 
ページ範囲 pp.97-101 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SS-2016-10-20,IEICE-DC-2016-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会