電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-28 13:30
材質感評価における顕著性特徴の比較
山本昇志都立産技高専)・平沢勇斗津村徳道千葉大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 材質感,特に,光沢など表面性状を示す反射は,物体認識を行う上で大変重要な手掛かり情報である.そのため,材質感を最も有効に提示する再現条件を明らかにする必要がある.そこで,本研究では材質感再現を施した物体に対する注目点に焦点を当て,顕著性マップを材質感評価に適用する手法を検討した.まず顕著性モデル計算と実測の両方から,表示された2次元画像上で顕著性を示す位置を明らかにし,3次元物体の形状情報から得られた反射面の角度情報で両者の比較を行った.その結果,顕著性モデルでは光沢等の材質感特徴を的確に捉えるのは困難であったが,計測による評価では材質変化に対して特徴的な角度情報が存在することが明らかになった. 
(英) Material appearance, especially gloss, is very important visual cue of object recognition related to the surface smoothness. Therefore, the best condition of lighting and viewpoint is desired to clarify for the emphasizing of the material appearance. This paper provides the method of exploration for signature appearance by using saliency map. The saliency map was derived by the estimation with Itti saliency model, and the measurement of gaze position. By using the homologizing to the saliency map, we calculated the characteristic angle of polygon in 3D shape with saliency map. Finally, the well-stocked view of material appearance was transformed to salient feature, which indicates the degree of inclusive rate for the reflection angle. Although we failed to find the appropriate saliency model to detect gloss appearance, we found that an appropriate salient features exist in the information of reflection angle for gloss appearance.
キーワード (和) 材質感 / 顕著性マップ / 光沢 / ハーフベクトル / / / /  
(英) Material Appearance / Saliency Map / Gloss / Half Vector / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 280, EID2016-6, pp. 5-8, 2016年10月.
資料番号 EID2016-6 
発行日 2016-10-21 (EID) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EID ITE-IDY ITE-HI ITE-3DIT IEE-OQD SID-JC  
開催期間 2016-10-28 - 2016-10-28 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg 
テーマ(和) 画像技術,視覚・画質関連,その他一般 
テーマ(英) Imaging Technology 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EID 
会議コード 2016-10-EID-IDY-HI-3DIT-OQD-JC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 材質感評価における顕著性特徴の比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Comparison of Salient Feature for Material Appearance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 材質感 / Material Appearance  
キーワード(2)(和/英) 顕著性マップ / Saliency Map  
キーワード(3)(和/英) 光沢 / Gloss  
キーワード(4)(和/英) ハーフベクトル / Half Vector  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 昇志 / Shoji Yamamoto / ヤマモト ショウジ
第1著者 所属(和/英) 東京都立産業技術高等専門学校 (略称: 都立産技高専)
Tokyo Metropolitan College of Industrial Technology (略称: TMCIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 平沢 勇斗 / Yuto Hirasawa / ヒラサワ ユウト
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 津村 徳道 / Norimichi Tsumura / ツムラ ノリミチ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-28 13:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EID 
資料番号 IEICE-EID2016-6 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.280 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EID-2016-10-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会