電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-28 15:15
投影対象の形状に適応したフォーカススイープ投影によるプロジェクタの被写界深度合成
井澤英俊岩井大輔佐藤宏介阪大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 本稿では, プロジェクタによる三次元物体への投影で生じる焦点ぼけの減少を目的としたプロジェクタの被写界深度合成を提案する.
高速に画像切り替え可能なプロジェクタに焦点制御可能なレンズを取り付け, プロジェクタの合焦距離を人間が知覚できないほど高速に振動させ合焦している領域のみに投影することで被写界深度を合成する.
一方で, 厳密に合焦している時のみ画像を投影すると, 投影効率が下がり投影像が暗くなる.
そこで, 投影対象の形状に応じて投影する画像と焦点制御を変更する.
実験では, 深度センサによって得られた投影対象の深度分布をもとに被写界深度合成を行い, 得られた投影結果の画質と明るさを評価した. 
(英) In this paper, we propose a synthetic depth-of-field projector to eliminate defocus blur occurred by projecting on a three-dimensional object.
Depth-of-field is synthesized by modulating the focus length of a projector at a frequency which is higher than the critical flicker fusion(CFF) frequency and by projecting just on in-focus area with high-speed projector and focus tunable lens.
However, when the image is projected during strictly in-focus, projection efficiency is reduced, and then the projected image becomes darker.
Therefore, we modulate the projection image and the focus control corresponding to the shape of the projection object. In our experiment, we synthesized depth-of-field by shape adaptive projection and evaluated quality and luminance of the projected image.
キーワード (和) 焦点ぼけ / 被写界深度合成 / 投影効率 / / / / /  
(英) Defocus Blur / Synthetic Depth-of-Field Projector / Projection Efficiency / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 280, EID2016-7, pp. 17-20, 2016年10月.
資料番号 EID2016-7 
発行日 2016-10-21 (EID) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EID ITE-IDY ITE-HI ITE-3DIT IEE-OQD SID-JC  
開催期間 2016-10-28 - 2016-10-28 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg 
テーマ(和) 画像技術,視覚・画質関連,その他一般 
テーマ(英) Imaging Technology 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EID 
会議コード 2016-10-EID-IDY-HI-3DIT-OQD-JC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 投影対象の形状に適応したフォーカススイープ投影によるプロジェクタの被写界深度合成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Synthetic Depth-of-Field Projector by Shape Adaptive Focal Sweep Projection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 焦点ぼけ / Defocus Blur  
キーワード(2)(和/英) 被写界深度合成 / Synthetic Depth-of-Field Projector  
キーワード(3)(和/英) 投影効率 / Projection Efficiency  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井澤 英俊 / Hidetoshi Izawa / イザワ ヒデトシ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 大輔 / Daisuke Iwai / イワイ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 宏介 / Kosuke Sato / サトウ コウスケ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-28 15:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EID 
資料番号 IEICE-EID2016-7 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.280 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EID-2016-10-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会