電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-28 11:00
[招待講演]移動ネットワーク問題に関する基礎研究 ~ 情報フローティングの性能評価 ~
宮北和之中野敬介新潟大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 移動端末間の直接無線通信と端末の移動により情報を拡散して宛先に情報を伝える手法として,エピデミック無線通信がある.エピデミック無線通信における不要なネットワークトラヒックの増大等の問題を防ぐために,情報フローティング(IF)が考えられている.IFでは,情報の送信を送信可能エリアだけに制限することで,指定した地域における情報配信性能を高めつつ不必要な通信を抑えることができる.本報告では,IFにおいて,固定情報源から事故情報または広告情報を道路上に配信するような場合を考える.また,情報を受け取った端末が進路変更して事故現場を避ける,あるいは店舗に立ち寄るような状況を考える.このような状況におけるIFの性能評価について考え,筆者らがこれまでに行った解析および得られた結果を紹介する. 
(英) In epidemic wireless communication, information is spread by direct wireless communication between mobile nodes and movement of mobile nodes, and is finally delivered to a destination. For preventing problems of epidemic wireless communication such as an increase of network traffic for useless transmissions, information floating (IF) has been considered. IF suppresses useless transmissions keeping high performance of information delivery in a specific region by restricting mobile nodes to transmit information only in the transmittable area. In this report, we consider IF for delivery of accident warnings or advertisements from a fixed source (an accident site or a shop). We also consider a situation where mobile nodes receiving information change direction after receiving the information to avoid the accident site or to visit the shop. We consider a performance evaluation of IF in such a situation and introduce some analysis methods and results of the performance evaluation.
キーワード (和) 情報フローティング / 情報滞留 / エピデミック伝送 / 行動変化 / 固定情報源 / 理論解析 / /  
(英) information floating / epidemic transmission / change of behavior / fixed source / theoretical analysis / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 271, CAS2016-54, pp. 85-90, 2016年10月.
資料番号 CAS2016-54 
発行日 2016-10-20 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS NLP  
開催期間 2016-10-27 - 2016-10-28 
開催地(和) 日立中央研究所 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2016-10-CAS-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 移動ネットワーク問題に関する基礎研究 
サブタイトル(和) 情報フローティングの性能評価 
タイトル(英) Basic Study on Mobile Network Problems 
サブタイトル(英) Performance Evaluation of Information Floating 
キーワード(1)(和/英) 情報フローティング / information floating  
キーワード(2)(和/英) 情報滞留 / epidemic transmission  
キーワード(3)(和/英) エピデミック伝送 / change of behavior  
キーワード(4)(和/英) 行動変化 / fixed source  
キーワード(5)(和/英) 固定情報源 / theoretical analysis  
キーワード(6)(和/英) 理論解析 /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮北 和之 / Kazuyuki Miyakita / ミヤキタ カズユキ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 敬介 / Keisuke Nakano / ナカノ ケイスケ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-28 11:00:00 
発表時間 40 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2016-54,IEICE-NLP2016-80 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.271(CAS), no.272(NLP) 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2016-10-20,IEICE-NLP-2016-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会