電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-27 11:00
ZDDアルゴリズムを用いた高強度テストケース生成法
大橋 輝土屋達弘阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 組み合わせインタラクションテストは様々なソフトウェアの不具合を検出する実用的な方法である.
この方法はt組みのパラメータの組み合わせが少なくとも1回実行できるテストケースを作成する方法である.
tの値は一般的に強度と呼ばれる.一般的に強度の小さいと言われるt=2,3のテストスイートを作成する方法に関しては多くの論文が存在する.
本論文ではZDDアルゴリズムを用いた高強度テストスイートの作成を提案する.高強度テストスイートの作成は膨大な量の組み合わせを処理しなければいけないため,非常に困難な問題である.ZDDは無向グラフの膨大なパスを列挙するデータ構造であり,大きなグラフ集合を処理する際に扱われる.
我々の提案する方法はテストケースをグラフで表現し,それによって網羅される組み合わせを部分グラフとして表現した.
グラフ操作はZDDベースのグラフライブラリを使用し,私たちは強度t=11までのテストスイートの作成に成功した. 
(英) Combinatorial interaction testing is a well practiced software testing method.
This method requires any $t$-wise parameter interaction to be
exercised by at least one test case.
The value of $t$ is usually referred to as strength.
Thus far very few techniques are known
for constructing test suites of high strength.
In this paper we propose an approach that uses ZDD-based graph algorithms to construct a
very high strength combinatorial test suite. Constructing high strength
test suites is challenging because of the large number of interactions
that must be handled during test suite construction. A ZDD
is a data structure that can be used to enumerate a very large number
of paths in an undirected graph and to perform operations on large sets
of graphs. In our approach test cases and interactions are represented
as subgraphs of the same graph. Using a ZDD-based graph library to
operate on the graphs, we succeeded in constructing test suites
of high strength up to $t = 11$ for some problem instances.
キーワード (和) 組み合わせインタラクションテスト / ペアワイズテスト / BDD / ZDD / / / /  
(英) Combinatorial interaction testing / pair-wise testing / BDD / ZDD / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 278, DC2016-20, pp. 1-6, 2016年10月.
資料番号 DC2016-20 
発行日 2016-10-20 (SS, DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 DC SS  
開催期間 2016-10-27 - 2016-10-28 
開催地(和) 彦根勤労福祉会館(彦根市) 
開催地(英) Hikone Kinro-Fukushi Kaikan Bldg. 
テーマ(和) ソフトウェアシステム, ネットワーク環境でのディペンダビリティ 
テーマ(英) Software System and Dependability on Network, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DC 
会議コード 2016-10-DC-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ZDDアルゴリズムを用いた高強度テストケース生成法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) ZDD-based test case generation method for high strength combinatorial interaction testing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 組み合わせインタラクションテスト / Combinatorial interaction testing  
キーワード(2)(和/英) ペアワイズテスト / pair-wise testing  
キーワード(3)(和/英) BDD / BDD  
キーワード(4)(和/英) ZDD / ZDD  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大橋 輝 / Teru Ohashi / オオハシ テル
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 土屋 達弘 / Tatsuhiro Tsuchiya / ツチヤ タツヒロ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-27 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 DC 
資料番号 IEICE-SS2016-18,IEICE-DC2016-20 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.277(SS), no.278(DC) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2016-10-20,IEICE-DC-2016-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会