電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-27 15:25
2ステップ逐次比較時間デジタイザの自己校正法とトリガ回路の検討
井田貴士小澤祐喜姜 日晨小林春夫群馬大)・塩田良治ソシオネクスト
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では、絶対(平均)遅延素子配列のばらつきに対する線形自己校正を備えた2ステップ逐次比較時間-デジタル変換器(SAR TDC)を提案する。 また、SAR ADCを使用してワンショット・タイミングで自己校正が行えるようなトリガ回路を提案する。 SAR TDCの前で使用されていない場合は、ワンショットタイミングではなく、繰り返しクロックのタイミングのみを測定できる。 それらの構成、原理および動作ならびにいくつかのシミュレーション結果について説明する。 
(英) This paper presents a 2-step successive-approximation-register time-to-digital converter (SAR TDC) architecture with its linearity self-calibrations for absolute (average) delay array variations. It also employs a trigger circuit which enables to measure one-shot timing with the SAR ADC; If the trigger circuit is not used in front of our SAR TDC, it can only measure the repetitive clock timing but not the one-shot timing. Their configurations, principles and operations as well as some simulation results are described.
キーワード (和) 時間-デジタル変換器 / 逐次比較近似 / バーニアディレイライン / トリガー回路 / / / /  
(英) Time-to-Digital Converter / Successive Approximation / Vernier Delay Line / Trigger Circuit / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 271, CAS2016-48, pp. 55-60, 2016年10月.
資料番号 CAS2016-48 
発行日 2016-10-20 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS NLP  
開催期間 2016-10-27 - 2016-10-28 
開催地(和) 日立中央研究所 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2016-10-CAS-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2ステップ逐次比較時間デジタイザの自己校正法とトリガ回路の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Self-Calibration and Trigger Circuit for 2-Step SAR TDC 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 時間-デジタル変換器 / Time-to-Digital Converter  
キーワード(2)(和/英) 逐次比較近似 / Successive Approximation  
キーワード(3)(和/英) バーニアディレイライン / Vernier Delay Line  
キーワード(4)(和/英) トリガー回路 / Trigger Circuit  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井田 貴士 / Takashi Ida / イダ タカシ
第1著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小澤 祐喜 / Yuki Ozawa / オザワ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 姜 日晨 / Richen Jiang / キョウ ニッシン
第3著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 春夫 / Haruo Kobayashi / コバヤシ ハルオ
第4著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩田 良治 / Ryoji Shiota /
第5著者 所属(和/英) 株式会社ソシオネクスト (略称: ソシオネクスト)
socionext Inc. (略称: socionext)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-27 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2016-48,IEICE-NLP2016-74 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.271(CAS), no.272(NLP) 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2016-10-20,IEICE-NLP-2016-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会