電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-27 11:50
MRSWレジスタモデルに対するオブリビアス敵対スケジューラ下での無待機乱択合意アルゴリズムの高速化
守屋 宣近畿大)・井上美智子奈良先端大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) MRSWレジスタによる非同期共有メモリシステムに対する,オブリビアス敵対スケジューラ下での無待機乱択合意アルゴリズムについて考察する.乱択合意アルゴリズムとして,合意確率$1-epsilon$のconciliatorアルゴリズムとadopt-commitアルゴリズムを組み合わせる手法が知られている.MRSWレジスタモデルに対しては,計算量が十分小さいadopt-commitアルゴリズムが存在するため,乱択合意アルゴリズムの計算量はconciliatorアルゴリズムに依存する.本稿では,合意確率は悪くなるが計算量が小さくなるconciliatorアルゴリズムを用いることで,プロセスステップ計算量の期待値が従来法の$O(nloglog{n})$から$O(n)$に改善された無待機乱択合意アルゴリズムを示す.また,シミュレーション実験により,アルゴリズムの実用的な有効性を示す. 
(英) We consider wait-free randomized consensus algorithms with an oblivious adversary in asynchronous shared-memory system using MRSW registers. It is known that the randomized consensus algorithm can be constructed from a conciliator algorithm with agreement probability $1-epsilon$ and an adopt-commit algorithm. In the case of MRSW register models, step complexity of a wait-free randomized consensus algorithm depends on that of a conciliator algorithm, since there exists a sufficiently fast adopt-commit algorithm. In this paper, we propose a wait-free randomized consensus algorithm, in which the expected process step complexity is improved to $O(n)$ from that of the previous best algorithm, $O(nloglog{n})$, by a conciliator algorithm with worse agreement probability and reduced complexity. Furthermore, we show the practical effectiveness of the proposed algorithm by simulated experiments.
キーワード (和) 共有メモリシステム / 無待機アルゴリズム / 乱択合意アルゴリズム / オブリビ アス敵対スケジューラ / / / /  
(英) shared-memory system / wait-free algorithm / randomized consensus / oblivious adversary / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 278, DC2016-22, pp. 13-18, 2016年10月.
資料番号 DC2016-22 
発行日 2016-10-20 (SS, DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 DC SS  
開催期間 2016-10-27 - 2016-10-28 
開催地(和) 彦根勤労福祉会館(彦根市) 
開催地(英) Hikone Kinro-Fukushi Kaikan Bldg. 
テーマ(和) ソフトウェアシステム, ネットワーク環境でのディペンダビリティ 
テーマ(英) Software System and Dependability on Network, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DC 
会議コード 2016-10-DC-SS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) MRSWレジスタモデルに対するオブリビアス敵対スケジューラ下での無待機乱択合意アルゴリズムの高速化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Faster Wait-free Randomized Consensus with an Oblivious Adversary for MRSW Register Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 共有メモリシステム / shared-memory system  
キーワード(2)(和/英) 無待機アルゴリズム / wait-free algorithm  
キーワード(3)(和/英) 乱択合意アルゴリズム / randomized consensus  
キーワード(4)(和/英) オブリビ アス敵対スケジューラ / oblivious adversary  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 守屋 宣 / Sen Moriya / モリヤ セン
第1著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 美智子 / Michiko Inoue / イノウエ ミチコ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara institute of science and technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-27 11:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 DC 
資料番号 IEICE-SS2016-20,IEICE-DC2016-22 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.277(SS), no.278(DC) 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2016-10-20,IEICE-DC-2016-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会