電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-27 13:40
位数の大きい整数剰余環を用いた単一Limited-Magnitude誤り訂正符号
小滝翔平北神正人千葉大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ひとつのメモリセルに複数ビットの情報を格納する多値のメモリは,
ある状態から近傍の状態へ変化する誤りが生じやすいことを特徴としている.
このような誤りの特徴を考慮した誤り訂正符号として,
近傍の値へ向かう誤りに訂正機能を限定した,
Limited-Magnitude(LM)誤り訂正符号が提案されている.
しかし,従来の単一LM誤り訂正符号は,訂正する誤りの大きさに対して単一メモリセルに格納する状態の数$s$が小さい場合,
ハミング符号と比較して情報長が改善できないという問題を有する.
本稿では,$q > s$を満たす整数$q$を用いて,整数剰余環$Z_q$上の検査行列を利用した単一LM誤り訂正符号の構成法を示す.
提案手法は,従来のLM誤り訂正符号およびハミング符号より優れた符号長を有する. 
(英) Multilevel memories, which store multiple bit information within a memory cell,
cause specific errors which mostly shift a state toward a neighboring state.
Limited-magnitude (LM) error correcting codes are proposed as classes of codes
which reflect the error characteristics.
That is, they limit their correction capability into errors to neighboring states.
However, information length of conventional single LM error correcting codes is smaller than Hamming codes
when $s$, the number of states in a memory cell, is relatively small compared with error magnitude.
In this paper, a class of single LM error correcting codes defined by a check matrix over $Z_q$ is proposed, where $q > s$.
Information length of the codes is larger than conventional LM error correcting codes and Hamming codes.
キーワード (和) 誤り訂正符号 / 多値 / Limited-Magnitude誤り / 整数剰余環 / / / /  
(英) error correcting codes / multilevel / limited-magnitude errors / integer residue ring / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 278, DC2016-24, pp. 25-29, 2016年10月.
資料番号 DC2016-24 
発行日 2016-10-20 (SS, DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 DC SS  
開催期間 2016-10-27 - 2016-10-28 
開催地(和) 彦根勤労福祉会館(彦根市) 
開催地(英) Hikone Kinro-Fukushi Kaikan Bldg. 
テーマ(和) ソフトウェアシステム, ネットワーク環境でのディペンダビリティ 
テーマ(英) Software System and Dependability on Network, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DC 
会議コード 2016-10-DC-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 位数の大きい整数剰余環を用いた単一Limited-Magnitude誤り訂正符号 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Single Limited-Magnitude Error Correcting Codes Using Integer Residue Ring of Large Order 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 誤り訂正符号 / error correcting codes  
キーワード(2)(和/英) 多値 / multilevel  
キーワード(3)(和/英) Limited-Magnitude誤り / limited-magnitude errors  
キーワード(4)(和/英) 整数剰余環 / integer residue ring  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小滝 翔平 / Shohei Kotaki / コタキ ショウヘイ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北神 正人 / Masato Kitakami / キタカミ マサト
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-27 13:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 DC 
資料番号 IEICE-SS2016-22,IEICE-DC2016-24 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.277(SS), no.278(DC) 
ページ範囲 pp.25-29 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SS-2016-10-20,IEICE-DC-2016-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会