電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-27 15:00
フィボナッチ数列重み付け逐次比較近似ADCと単峰関数の黄金分割探索法との関係
新井宏崇小林佑太朗小林春夫群馬大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) この論文では、「フィボナッチ数列重みづけ (約1.62進) 逐次比較近似AD変換器(SAR ADC)は、入力電圧と内部DA変換器の出力電圧の差の絶対値をとった単峰関数に黄金分割探索法を適用したSAR ADCと等価である」ということを示す。黄金分割探索法は黄金比 (約1.62) を用いて単峰関数の極値を近似的に求める方法であるが、それに基づく直接的なSAR ADC構成は、コンパレータおよびDACが各2つ必要となる。その構成を工夫しコンパレータとDACを1つずつ使用する回路量を低減した改良構成を考案し、それがフィボナッチ数列重みづけSAR ADCと等価であることを構成・動作の説明とシミュレーションで示した。 
(英) This paper presents the equivalence between the Fibonacci sequence weighted SAR ADC and the SAR ADC based on the golden section search algorithm using the unimodal function obtained by the absolute value of the difference between the input voltage and the output of the internal DAC. The golden section search is used for finding effectively the extreme value of the unimodal function. When this golden section search is implemented directly with an SAR ADC, it needs two comparators and two internal DACs. However we come up with simplifying it using only one comparator and one DAC, and we show that this is equivalent to the Fibonacci sequence weighted SAR ADC. We explain their principle, configuration, and operation as well as some simulation results.
キーワード (和) 黄金分割探索法 / 逐次比較近似AD変換器 / フィボナッチ数列 / 黄金比 / 冗長性 / / /  
(英) Golden Section Search / SAR ADC / Fibonacci Sequence / Golden Ratio / Redundancy / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 271, CAS2016-47, pp. 49-54, 2016年10月.
資料番号 CAS2016-47 
発行日 2016-10-20 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS NLP  
開催期間 2016-10-27 - 2016-10-28 
開催地(和) 日立中央研究所 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2016-10-CAS-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) フィボナッチ数列重み付け逐次比較近似ADCと単峰関数の黄金分割探索法との関係 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fibonacci sequence weighted SAR ADC as golden section search of unimodal function 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 黄金分割探索法 / Golden Section Search  
キーワード(2)(和/英) 逐次比較近似AD変換器 / SAR ADC  
キーワード(3)(和/英) フィボナッチ数列 / Fibonacci Sequence  
キーワード(4)(和/英) 黄金比 / Golden Ratio  
キーワード(5)(和/英) 冗長性 / Redundancy  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 宏崇 / Hirotaka Arai / アライ ヒロタカ
第1著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 佑太朗 / Yutaro Kobayashi / コバヤシ ユウタロウ
第2著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 春夫 / Haruo Kobayashi / コバヤシ ハルオ
第3著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-27 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2016-47,IEICE-NLP2016-73 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.271(CAS), no.272(NLP) 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2016-10-20,IEICE-NLP-2016-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会