電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-20 13:55
中継トラフィックデータの類似性に着目した悪性WiFiアクセスポイントの検出
原田敏明森 達哉早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 現在モバイル端末ユーザの多くが公衆無線LANサービスを利用している.その一方で,正規の公衆サービスになりすまして,サービス利用者を攻撃する悪意のある無線アクセスポイントの運用が増加している.多くの場合,利用者は悪性APだと気付かずに利用してしまい,個人情報を盗まれるなどの被害を受けることがある.本論文では,正規サービスの無線APとサービス利用者の中継を行う悪性APを,中継される無線LANフレームから得られる情報を基に検出する手法を提案する. 
(英) The spread of public WiFi service causes the threat of malicious wireless access points (APs). Malicious APs pretends to be an legitimate public WiFi service provider to damage wireless users such as information leakage or malicious attacks. In this paper, we proposes a new method for malicious APs detection. Malicious AP can be detected using information obtained from traffic relayed by malicious APs between legitimate public APs and wireless clients.
キーワード (和) 悪性WiFi AP / 攻撃モデル / 通信盗聴 / 類似性判定 / / / /  
(英) Malicious wireless AP / Attack model / Eavesdropping / Similarity determination / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 251, IN2016-52, pp. 19-24, 2016年10月.
資料番号 IN2016-52 
発行日 2016-10-13 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN ICTSSL NWS  
開催期間 2016-10-20 - 2016-10-21 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka Uinv. 
テーマ(和) ネットワーク信頼性技術、セキュリティ・プライバシ保護技術、認証/ID管理、Webサービス/SOA/ROA基盤、ソーシャルネットワーク(SNS)、サイバー攻撃対策、災害対策・障害対策、レジリエンス、及び一般 
テーマ(英) Network Reliability, Security, Privacy Protection, AAA, ID management, Web Services/SOA/ROA, Cyber Attack Resolution, Resilience, Disaster Recovery, Fault Tolerance, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2016-10-IN-ICTSSL-NWS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 中継トラフィックデータの類似性に着目した悪性WiFiアクセスポイントの検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Malicious Wifi AP Detection Using Similarity of Relay Traffic 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 悪性WiFi AP / Malicious wireless AP  
キーワード(2)(和/英) 攻撃モデル / Attack model  
キーワード(3)(和/英) 通信盗聴 / Eavesdropping  
キーワード(4)(和/英) 類似性判定 / Similarity determination  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 敏明 / Toshiaki Harada / ハラダ トシアキ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 達哉 / Tatsuya Mori / モリ タツヤ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-20 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2016-52 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.251 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2016-10-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会