電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-09-15 14:30
Pbestリセットを含むPSOとその動的最大電力点追従への応用
田中嶋孝祐明野龍介斎藤利通法政大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文は、粒子群最適化を提案し、動的な最大電力点探索への応用について考察する.局所解へのトラップから抜け出すために, 周期的に粒子を加速させる方法を提案する.また、動的な評価関数に対応するために、特性に応じてパーソナルベストを初期化させる方法を提案する.提案するアルゴリズムは、回路実装を想定して仮想粒子を用いて実験した.基礎的な数値実験を行い、アルゴリズムが追従性能に優れているか検証する. 
(英) This paper presents a particle swarm optimizer algorithm for the maximum power point tracking in time-variant photovoltaic systems. In order to avoid trapping into local optima, the algorithm accelerates periodically velocity of particles. In order to follow the time-variant characteristics, the optimizer uses a flexible renewal method of the personal best. The algorithm uses only one particle and sampled values of the particle position at several time steps are used as plural particles in real environment. Performing basic numerical experiments, the algorithm efficiency is investigated.
キーワード (和) 粒子群最適化 / 最大電力点追従 / / / / / /  
(英) particle swarm optimization / maximum power point tracking / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 215, NLP2016-61, pp. 89-92, 2016年9月.
資料番号 NLP2016-61 
発行日 2016-09-07 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2016-09-14 - 2016-09-15 
開催地(和) 甲南大学 
開催地(英) Konan Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2016-09-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Pbestリセットを含むPSOとその動的最大電力点追従への応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A PSO with Pbest reset and its application to dynamic maximum power point tracking 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 粒子群最適化 / particle swarm optimization  
キーワード(2)(和/英) 最大電力点追従 / maximum power point tracking  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中嶋 孝祐 / Kosuke Tanakajima / タナカジマ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 明野 龍介 / Ryusuke Akeno / アケノ リュウスケ
第2著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 利通 / Toshimichi Saito / サイトウ トシミチ
第3著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-09-15 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2016-61 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.215 
ページ範囲 pp.89-92 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2016-09-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会