電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-09-15 13:00
離散時間区分回転系の呈するカオスの分岐と回路実装
疋田葉留山仲芳和坪根 正長岡技科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,簡素な非線形力学系である区分回転系について考察を行う.この系は我々が提案した多点探索型の最適化手法の基となる離散時間系でありカオスを発生する.先行研究では,カオスの性質の変化に伴い最適化の性能が変化することが示唆されている.しかしながら,区分回転系単体の解析は十分には行われていない.そこで本研究では,区分回転系のカオスの分岐解析を行った.その結果,一部の分岐集合を厳密に導出し,プログラマブルなアナログICであるField Programmable Analog Arrayを用いた回路実験においても分岐現象の発生を確認した. 
(英) In this study, we consider a Piecewise-Rotational Chaotic system(PRC) which is a simple nonlinear dynamical system.The system is a discrete-time system which is basis of an optimization method in our previous researches and exhibits chaos.The previous study has indicated that the system behavior affects searching performance.In this report, as basis of this consideration, we analyze bifurcation of the system.As result, we provide a bifurcation set of the system.In addition, PRC circuit realization on Field Programmable Analog Array
which is a programmable analog IC is proposed. We confirm similar bifurcation in laboratory.
キーワード (和) 最適化問題 / カオス / 分岐現象 / 多点探索型手法 / / / /  
(英) optimization problem / chaos / bifurcation / population-based optimization method / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 215, NLP2016-58, pp. 75-78, 2016年9月.
資料番号 NLP2016-58 
発行日 2016-09-07 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2016-09-14 - 2016-09-15 
開催地(和) 甲南大学 
開催地(英) Konan Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2016-09-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 離散時間区分回転系の呈するカオスの分岐と回路実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Bifurcation of chaos and circuit implementation of a discrete-time piecewise-rotational dynamical system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 最適化問題 / optimization problem  
キーワード(2)(和/英) カオス / chaos  
キーワード(3)(和/英) 分岐現象 / bifurcation  
キーワード(4)(和/英) 多点探索型手法 / population-based optimization method  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 疋田 葉留 / Haru Hikita / ヒキタ ハル
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山仲 芳和 / Yoshikazu Yamanaka / ヤマナカ ヨシカズ
第2著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 坪根 正 / Tadashi Tsubone / ツボネ タダシ
第3著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-09-15 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2016-58 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.215 
ページ範囲 pp.75-78 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2016-09-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会