電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-09-14 15:20
粒子が複数解候補を生成するPSOにおける解探索能力の検討
種田景太神野健哉日本工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) メタヒューリスティクス解法の1つに,粒子群最適化法(PSO)がある.
PSOの速度に関係するパラメータに乱数が含まれる事に起因し,粒子の収束速度にムラがある.
収束速度のムラを小さくする事を意図し,複数回候補を生成するPSOを提案し,その解探索性能の検討を行った.
提案手法をいくつかのベンチマーク関数を用いて評価し,PSOとの比較を行った.
その結果,多峰性関数において従来手法よりも性能の向上が確認できた. 
(英) One of meta-heuristics is a particle swarm optimization (PSO).
Since the parameter of the velocity of the particles contains a random number factor, the convergence speed of the particles is uneven.
To overcome this problem, we propose a PSO whose particle generates multiple solution candidates, and we investigate the solution search performance of the proposed PSO by some numerical simulations.
By using some well-known benchmark functions, we compare the solution search performance of the proposed PSO with a conventional PSO.
As a result, we confirm the improvement of the solution search performance in the case of multi-modal functions.
キーワード (和) 粒子群最適化 / 最適化問題 / 解探索能力 / 複数解候補 / / / /  
(英) Particle Swarm Optimization / Optimization problem / solution search performance / multiple solution candidates / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 215, NLP2016-52, pp. 41-44, 2016年9月.
資料番号 NLP2016-52 
発行日 2016-09-07 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2016-09-14 - 2016-09-15 
開催地(和) 甲南大学 
開催地(英) Konan Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2016-09-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 粒子が複数解候補を生成するPSOにおける解探索能力の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of the solution search performance in the PSO whose particle generates multiple solution candidates 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 粒子群最適化 / Particle Swarm Optimization  
キーワード(2)(和/英) 最適化問題 / Optimization problem  
キーワード(3)(和/英) 解探索能力 / solution search performance  
キーワード(4)(和/英) 複数解候補 / multiple solution candidates  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 種田 景太 / Keita Oida / オイダ ケイタ
第1著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神野 健哉 / Kenya Jin'no / ジンノ ケンヤ
第2著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-09-14 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2016-52 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.215 
ページ範囲 pp.41-44 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2016-09-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会