電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-09-14 11:20
オレゴネータモデルにおけるパルス波のモデル推定と安定化制御
勝俣久敏羅 揚小西啓治原 尚之阪府大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告は,興奮性媒体に伝搬する不安定なパルス波の安定化制御を扱う.先行研究[勝俣,小西,原,信学技報NLP2016-2 (2016)]では,パルス波のダイナミクスを推定し,制御性能を向上させる2自由度制御系を提案した.その検証では,ある特殊な興奮性媒体の数理モデルのみを対象としていた.一方,パルス波の安定化は,BZ反応を用いた実験が行われている.本報告では,BZ反応をより正確に記述したオレゴネータモデルに提案手法を適用する.提案手法によって,オレゴネータモデルにおけるパルス波の制御性能が向上することを,数値シミュレーションで確認した. 
(英) This report deals with stabilization of propagating wave segments in an excitable medium. In our previous study [Katsumata, Konishi, Hara, NLP2016-2 (2016)], we identified a dynamics of wave segments, and proposed a two-degree-of-freedom control system to improve the performance of stabilization. However, our proposal was verified only in a simple model of excitable media. The propagating wave segments are often observed in the BZ reaction system. This report applies the proposed method to the Oregonator model, which describes the BZ reaction system precisely. We show on numerical simulations that the proposed method works well for propagating wave segments in the Oregonator model.
キーワード (和) 興奮性媒体 / オレゴネータモデル / パルス波 / 安定化制御 / モデル推定 / 2自由度制御系 / /  
(英) excitable media / Oregonator model / propagating wave segment / stabilization / model identification / two-degree-of-freedom control / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 215, NLP2016-46, pp. 9-14, 2016年9月.
資料番号 NLP2016-46 
発行日 2016-09-07 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2016-09-14 - 2016-09-15 
開催地(和) 甲南大学 
開催地(英) Konan Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2016-09-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オレゴネータモデルにおけるパルス波のモデル推定と安定化制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Model identification and stabilization of propagating wave segments in the Oregonator model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 興奮性媒体 / excitable media  
キーワード(2)(和/英) オレゴネータモデル / Oregonator model  
キーワード(3)(和/英) パルス波 / propagating wave segment  
キーワード(4)(和/英) 安定化制御 / stabilization  
キーワード(5)(和/英) モデル推定 / model identification  
キーワード(6)(和/英) 2自由度制御系 / two-degree-of-freedom control  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 勝俣 久敏 / Hisatoshi Katsumata / カツマタ ヒサトシ
第1著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 羅 揚 / Yang Lo / ラ ヨウ
第2著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 啓治 / Keiji Konishi / コニシ ケイジ
第3著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 尚之 / Naoyuki Hara / ハラ ナオユキ
第4著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-09-14 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2016-46 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.215 
ページ範囲 pp.9-14 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2016-09-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会