電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-08-25 13:35
Diversity-driven Semi-supervised Ensemble DNN Acoustic Model Training
Sheng LiKyoto Univ.)・Xugang LuNICT)・Shinsuke SakaiTatsuya KawaharaKyoto Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) We focus on effective training DNN (Deep Neural Network) acoustic models for Chinese spoken lectures with only limited labeled speech and abundant unlabeled speech. Unlike selectively using the unlabeled data in most semi-supervised DNN training methods and working only under supervised setting in previous ensemble DNN training methods, we work on more generalized ensemble training method for both labeled and unlabeled data. In our proposed method, a pair of models is trained in parallel with diverse labels generated for unlabeled data. Together with the standard cross entropy, the KL divergence between each individual model over unlabeled data is incorporated during training. Experiments show that our proposed method can effectively utilize unlabeled data and outperforms other well-established semi-supervised methods.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Speech recognition / Acoustic model / DNN / Semi-superivsed training / Ensemble training / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 189, SP2016-40, pp. 71-76, 2016年8月.
資料番号 SP2016-40 
発行日 2016-08-17 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP  
開催期間 2016-08-24 - 2016-08-25 
開催地(和) 京都大学学術情報メディアセンター 
開催地(英) ACCMS, Kyoto Univ. 
テーマ(和) 音響イベント処理,一般 
テーマ(英) Audio event processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2016-08-SP 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Diversity-driven Semi-supervised Ensemble DNN Acoustic Model Training 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Speech recognition  
キーワード(2)(和/英) / Acoustic model  
キーワード(3)(和/英) / DNN  
キーワード(4)(和/英) / Semi-superivsed training  
キーワード(5)(和/英) / Ensemble training  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 勝 / Sheng Li /
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Xugang Lu / Xugang Lu /
第2著者 所属(和/英) 国立情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂井 信輔 / Shinsuke Sakai /
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 河原 達也 / Tatsuya Kawahara /
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-08-25 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2016-40 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.189 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SP-2016-08-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会