電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-08-25 13:10
Pronunciation Error Detection using DNN Articulatory Model based on Transfer Learning
Richeng DuanTatsuya KawaharaMasatake DantsujiKyoto Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Aiming at detecting pronunciation errors produced by second language learners and providing corrective feedbacks related with articulation, we address effective articulatory models based on deep neural network (DNN). Articulatory attributes are defined for manner and place of articulation. In order to efficiently train these models of non-native speech without using such data, which is difficult to collect in a large scale, we propose to exploit large speech corpora of native and target language to model inter-language phenomena. We also investigate closely-related secondary tasks which aim at effective learning of DNN articulatory models. These methods are applied to Mandarin Chinese pronunciation learning by Japanese native speakers. Effects of these methods are confirmed in the native attribute classification and pronunciation error detection of non-native speech.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) CAPT / Pronunciation Error Detection / Articulation Modeling / Transfer Learning / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 189, SP2016-39, pp. 65-70, 2016年8月.
資料番号 SP2016-39 
発行日 2016-08-17 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP  
開催期間 2016-08-24 - 2016-08-25 
開催地(和) 京都大学学術情報メディアセンター 
開催地(英) ACCMS, Kyoto Univ. 
テーマ(和) 音響イベント処理,一般 
テーマ(英) Audio event processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2016-08-SP 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Pronunciation Error Detection using DNN Articulatory Model based on Transfer Learning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / CAPT  
キーワード(2)(和/英) / Pronunciation Error Detection  
キーワード(3)(和/英) / Articulation Modeling  
キーワード(4)(和/英) / Transfer Learning  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 段 日成 / Richeng Duan /
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto university (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 河原 達也 / Tatsuya Kawahara /
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto university (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 壇辻 正剛 / Masatake Dantsuji /
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto university (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-08-25 13:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2016-39 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.189 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SP-2016-08-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会