電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-22 10:00
並列分散処理に適した人工蜂コロニーアルゴリズム
磯野 悠佐々木智志中野秀洋宮内 新東京都市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 大規模な最適化問題の近似解を進化的計算アルゴリズムによって求める場合、多くの探索個体が必要となる。この計算を高速化するためにはアルゴリズムの並列分散化が有効である。しかし、各計算ノード間の通信量が増大すると、それがボトルネックとなり、期待した高速化を実現することはできない。本稿では、過去に提案した粒子群最適化アルゴリズムの並列計算法を人工蜂コロニーアルゴリズムに適用する。数値実験を行い、各手法の性能を確認する。 
(英) As approximate solutions in large-scale problems are obtained by evolutionary computation algorithms, many search individuals are needed.
In order to speed up this computation, the parallel-distributed computing of the algorithms is effective.
However, if the communication traffic between each computation node increases, it becomes a bottleneck and the expected speeding up the computation can not be realized.
In this paper, the parallel-distributed computation method for the particle swarm optimization, which has been previously proposed, is applied to the artificial bee colony algorithm.
By performing the numerical experiments, the performances of each method are confirmed.
キーワード (和) 進化的計算アルゴリズム / 人工蜂コロニー / 並列分散処理 / / / / /  
(英) Evolutionary computation algorithm / Artificial bee colony / Parallel-distributed processing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 151, NLP2016-40, pp. 33-38, 2016年7月.
資料番号 NLP2016-40 
発行日 2016-07-14 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2016-07-21 - 2016-07-22 
開催地(和) 北海道大学 百年記念会館 
開催地(英) Hokkaido Univ. Centennial Hall 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2016-07-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 並列分散処理に適した人工蜂コロニーアルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Artificial Bee Colony Algorithm Suited for Parallel Distributed Processing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 進化的計算アルゴリズム / Evolutionary computation algorithm  
キーワード(2)(和/英) 人工蜂コロニー / Artificial bee colony  
キーワード(3)(和/英) 並列分散処理 / Parallel-distributed processing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 磯野 悠 / Yu Isono / イソノ ユウ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 智志 / Tomoyuki Sasaki / ササキ トモユキ
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 秀洋 / Hidehiro Nakano / ナカノ ヒデヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮内 新 / Arata Miyauchi /
第4著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-22 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2016-40 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.151 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2016-07-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会