電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-22 11:35
圧縮センシングを用いた車載ミリ波SARに関する基礎検討
小林佑輔山田寛喜山口芳雄新潟大)・杉山裕一富士通テン
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 安心安全な自動運転を実現するため,ACCに代表されるようなADASが開発されている.中でも,ミリ波は他の方式と比べて様々な特徴を持つため,これを用いたアプリケーションは特に注目されている.車載ミリ波レーダを用いてSARを行えば,省スペースかつ低コストで,カメラのような高分解能で広範囲の2次元イメージングが可能になり,ますます自動車の安全が高まると考えられる.一方で,ミリ波によるSARは観測データ量が膨大になってしまうという問題点もある.この問題を解決する手法として,圧縮センシング理論がある.これは,従来の手法よりも少ないデータ量から信号やイメージを再構成する技術であり,車載ミリ波SARに適応することで観測データ量を減少させることができる.本稿では,ミリ波SARに圧縮センシングを適用するため,SARにおける線形モデルを作成し,圧縮センシングを用いた屋外環境におけるSARイメージング結果を示す.また,2次元beamformer法によるSAR画像再構成手法とイメージング結果を比較し,少ないデータ量かつ短時間で散乱体を検出できることを示す. 
(英) Advanced driver assistance systems, such as active cruise control, has been widely developed to achieve safe and secure driving. Especially, millimeter wave (MW) automotive radar has been attracting attentions because it has many characteristics compared with other systems using camera and laser. Although SAR by using MW radar can obtain a high-resolution 2-dimensional images, an amount of observation data become huge. Compressed sensing (CS) is a method of solving this problem. It can recover an signal or image from fewer samples than those required by traditional methods. This technique decreases data volume applying SAR system model. In this paper, we creates a linear models for SAR signal to apply CS and we provide experimental results by using CS. In addition, experimental results by using beamformer is shown to compare. CS can reconstruct a SAR image rapidly and the scatterer can be detected by compressed data.
キーワード (和) 車載ミリ波レーダ / 合成開口レーダ / 圧縮センシング / OIHT / / / /  
(英) millimeter wave automotive radar / synthetic aperture radar / compressed sensing / OIHT / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 143, SANE2016-30, pp. 47-52, 2016年7月.
資料番号 SANE2016-30 
発行日 2016-07-14 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SAT SANE  
開催期間 2016-07-20 - 2016-07-22 
開催地(和) 小樽マリーナ 
開催地(英) Otaru port marina 
テーマ(和) リモートセンシング,電波伝搬,一般, 衛星通信 
テーマ(英) Remote sensing, Radio propagation, Antennas and Propagation, Sattelite Communication 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2016-07-AP-SAT-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 圧縮センシングを用いた車載ミリ波SARに関する基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fundamental Study on SAR with Millimeter Wave Automotive Radar by Using Compressed Sensing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 車載ミリ波レーダ / millimeter wave automotive radar  
キーワード(2)(和/英) 合成開口レーダ / synthetic aperture radar  
キーワード(3)(和/英) 圧縮センシング / compressed sensing  
キーワード(4)(和/英) OIHT / OIHT  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 佑輔 / Yusuke Kobayashi / コバヤシ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 寛喜 / Hiroyoshi Yamada / ヤマダ ヒロヨシ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 芳雄 / Yoshio Yamaguchi / ヤマグチ ヨシオ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 裕一 / Yuuichi Sugiyama / スギヤマ ユウイチ
第4著者 所属(和/英) 富士通テン株式会社 (略称: 富士通テン)
Fujitsu TEN Limited (略称: Fujitsu TEN)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-22 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2016-30 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.143 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2016-07-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会