電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-22 10:45
ALOSデータを用いた積雪量推定に関する検討
阿部洋杜・○徳武祐斗山口芳雄山田寛喜新潟大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 水系モデリングの観点において積雪量の把握は重要である.積雪量把握の手段として広域を迅速に観測でき,天候や昼夜に左右されないリモートセンシングが期待されている.中でも陸域観測技術衛星,ALOSは異なる偏波チャネルから散乱情報を取得することができる.本稿では偏波解析手法の1つである四成分散乱モデル分解法を用いた検討を行うALOSデータに四成分分解を適用した画像を比較すると,積雪の有無により明らかに画像の色合いが異なる.これは散乱過程が異なることを示しており,その要因としては積雪の有無と植生の変化による散乱過程の変化が考えられる.そこで,ALOSで得られたタイムシリーズデータを解析することで,四成分分解のパラメータ,レーダ散乱断面積の関係性を調査した. 
(英) Measuring the quantity of snow is important for water system monitoring. As the method of the snow quantity grasp, remote sensing is expected, which can observe a wide area quickly and is not influenced by weather and day and night. Among them, Advanced Land Observing Satellite (ALOS) can acquire information of scatterer by the different polarize wave channel. In this paper, four component decomposition is used for the analysis. Comparing the ALOS data image, the color of the classified image varies according to having snow or not. This is because the scattering process changes by a change of snow and the vegetation. Accordingly, relationship of the classification parameters, radar cross section, and the quantity of snow is investigated by analyzing the time series data of ALOS.
キーワード (和) 積雪量推定 / レーダポーラリメトリ / 四成分散乱モデル分解法 / / / / /  
(英) Snow Quantity / Polarimetric Radar / Four-component Scattering Model Decomposition / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 143, SANE2016-28, pp. 39-42, 2016年7月.
資料番号 SANE2016-28 
発行日 2016-07-14 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SAT SANE  
開催期間 2016-07-20 - 2016-07-22 
開催地(和) 小樽マリーナ 
開催地(英) Otaru port marina 
テーマ(和) リモートセンシング,電波伝搬,一般, 衛星通信 
テーマ(英) Remote sensing, Radio propagation, Antennas and Propagation, Sattelite Communication 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2016-07-AP-SAT-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ALOSデータを用いた積雪量推定に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of the Snow Quantity Estimation Using ALOS Data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 積雪量推定 / Snow Quantity  
キーワード(2)(和/英) レーダポーラリメトリ / Polarimetric Radar  
キーワード(3)(和/英) 四成分散乱モデル分解法 / Four-component Scattering Model Decomposition  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 洋杜 / Hiroto Abe / アベ ヒロト
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Nigata University (略称: Nigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳武 祐斗 / Yuto Tokutake / トクタケ ユウト
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Nigata University (略称: Nigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 芳雄 / Yoshio Yamaguchi / ヤマグチ ヨシオ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Nigata University (略称: Nigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 寛喜 / Hiroyoshi Yamada / ヤマダ ヒロヨシ
第4著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Nigata University (略称: Nigata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-22 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2016-28 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.143 
ページ範囲 pp.39-42 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SANE-2016-07-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会