電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-22 09:55
Relation between Interference and the Increase of Outage Time Caused by Rain Attenuation in the Beoadcasting Satellite link
Kazuyoshi ShogenB-SAT)・Susumu NakazawaShoji TanakaNHK
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 筆者らはこれまで、放送衛星教務への干渉の影響を降雨減衰で引き起こされる遮断時間の増加率で評価することを提案してきた。本論文では、干渉と遮断時間増に関して、(1)リンクマージン、干渉量、遮断時間、遮断時間増加率の関係を異なる変調方式(異なる所要C/N)と異なるEIRP(等価等方放射電力)について解析、(2)異なる場所(異なる降水量)への依存性について研究した。結果として、許容干渉量の基準をある遮断時間増加率とするなら、許容干渉量はC/If(所望波と外国衛星からの干渉波の比)の値で表されることを示す。 
(英) We have proposed to evaluate the impact of interference on the performance of BSS (Broadcasting Satellite Services) in terms of the increase rate of the outage time caused by the rain attenuation. In this paper, we study the following points on the relation between interference and the increase of outage time caused by rain attenuation in the BSS link. (1) The relation among the link margin, the interference and the outage time, the increase rate of outage time for the different modulation schemes (different required C/N (Carrier to Noise ratio)) and the different EIRP (Equivalent Isotropically Radiated Power) of satellite. (2) The dependence on the different locations (different rainfall rate in a year). As a consequence, we show that if the criterion for the allowable interference is given by a certain value of the increase rate of the outage time, the allowable interference could be expressed by a certain value of C/If (Carrier to Interference caused by foreign satellite ratio).
キーワード (和) 降雨減衰 / 放送衛星業務 / 周波数共用 / 干渉の影響評価 / 遮断時間 / / /  
(英) Rain attenuation / Broadcasting satellite services / Frequency sharing / Evaluation of impact of interference / Outage time / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 142, AP2016-56, pp. 109-113, 2016年7月.
資料番号 AP2016-56 
発行日 2016-07-13 (AP), 2016-07-14 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SAT SANE  
開催期間 2016-07-20 - 2016-07-22 
開催地(和) 小樽マリーナ 
開催地(英) Otaru port marina 
テーマ(和) リモートセンシング,電波伝搬,一般, 衛星通信 
テーマ(英) Remote sensing, Radio propagation, Antennas and Propagation, Sattelite Communication 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2016-07-AP-SAT-SANE 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Relation between Interference and the Increase of Outage Time Caused by Rain Attenuation in the Beoadcasting Satellite link 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 降雨減衰 / Rain attenuation  
キーワード(2)(和/英) 放送衛星業務 / Broadcasting satellite services  
キーワード(3)(和/英) 周波数共用 / Frequency sharing  
キーワード(4)(和/英) 干渉の影響評価 / Evaluation of impact of interference  
キーワード(5)(和/英) 遮断時間 / Outage time  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 正源 和義 / Kazuyoshi Shogen / ショウゲン カズヨシ
第1著者 所属(和/英) 株式会社放送衛星システム (略称: 放送衛星システム)
Broadcasting Satellite System Corporation (略称: B-SAT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中澤 進 / Susumu Nakazawa / ナカザワ ススム
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 祥次 / Shoji Tanaka / タナカ ショウジ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-22 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2016-56,IEICE-SAT2016-22 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.142(AP), no.144(SAT) 
ページ範囲 pp.109-113(AP), pp.63-67(SAT) 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2016-07-13,IEICE-SAT-2016-07-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会