電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-22 15:25
WINDSを用いた2016熊本地震応急ネットワーク構築
鄭 炳表大和田泰伯薄田 一高橋 卓菅 智茂豊嶋守生NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 東日本大震災以降、NICT(情報通信研究機構)では耐災害ICT研究を進めている。2016熊本地震が発生した時、NICTは耐災害ICT研究で開発したネットワーク資機材と研究者らを被災地に派遣し、応急ネットワークを構築し、運用を行なった。具体的には熊本県高森町役場において、WINDS用車載局とメッシュネットワークを用いて、災害対策本部(総務課)に行政用としてAPを1箇所(4月19日13時30分ごろ)、また、町役場入り口付近に住民用としてAPを1箇所(4月19日14時30分ごろ)の応急ネットワークを構築し、4月20日20時30分ごろまで、鹿島宇宙センターを経由するインターネット衛星回線を提供した。その結果、両ネットワークとも最大18Mbpsを記録した。 
(英) Since the Great East Japan earthquake, NICT (National Institute of Information and Communications Technology) has been conducting research on resilient ICT. When the 2016 Kumamoto earthquakes occurred, NICT dispatched researchers and the network equipment that had been developed in the resilien ICT research to the afflicted area to establish and operate the emergency network. Specifically, at the Takamori town office in Kumamoto Prefecture, emergency networks were established with an AP for the public administration at the disaster countermeasures headquarters around 1:30 PM on April 19th (General Administration Division) and another AP for the residents near the entrance of the town office around 2:30 PM on April 19th, and an internet satellite circuit via Kashima Space Technology Center was provided until around 8:30 PM on April 20th. As a result, both networks recorded a maximum of 18 Mbps.
キーワード (和) WINDS / 耐災害ICT / 2016熊本地震 / 高森町 / / / /  
(英) WINDS / Resilient ICT / 2016 Kumamoto earthquakes / Takamori town / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 144, SAT2016-30, pp. 103-106, 2016年7月.
資料番号 SAT2016-30 
発行日 2016-07-14 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SAT SANE  
開催期間 2016-07-20 - 2016-07-22 
開催地(和) 小樽マリーナ 
開催地(英) Otaru port marina 
テーマ(和) リモートセンシング,電波伝搬,一般, 衛星通信 
テーマ(英) Remote sensing, Radio propagation, Antennas and Propagation, Sattelite Communication 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2016-07-AP-SAT-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) WINDSを用いた2016熊本地震応急ネットワーク構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Establishing emergency networks using WINDS at the 2016 Kumamoto earthquakes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) WINDS / WINDS  
キーワード(2)(和/英) 耐災害ICT / Resilient ICT  
キーワード(3)(和/英) 2016熊本地震 / 2016 Kumamoto earthquakes  
キーワード(4)(和/英) 高森町 / Takamori town  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鄭 炳表 / Byeong-pyo Jeong / ジョン ビョンピョ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大和田 泰伯 / Yasunori Owada / オオワダ ヤスノリ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 薄田 一 / Hajime Susukita / ススキタ ハジメ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 卓 / Takashi Takahashi / タカハシ タカシ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅 智茂 / Tomoshige Kan / カン トモシゲ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊嶋 守生 / Morio Toyoshima / トヨシマ モリオ
第6著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-22 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2016-30 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.144 
ページ範囲 pp.103-106 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SAT-2016-07-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会