電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-21 10:55
V-Low帯における韓国からのオーバーリーチ伝搬の測定
西 正博谷山曙多朗新 浩一広島市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,V-Low帯への電波干渉の影響を把握するために必要となるオーバーリーチ伝搬の特性を評価することを目的として,これまで九州地方にて2年以上の期間,実際に韓国からのFM放送波を測定してきた.本報告では,九州工業大学および九州大学にて2013年9月から2015年9月までに得られた測定結果を示す.測定対象は,韓国のプサン局,ウルサン局,チャンウォン局から送信されているFM放送波とした.測定結果より,韓国からのFM放送波においては3月から10月にかけて頻繁にオーバーリーチ伝搬が生じており,通常より20dBから30dB以上RSSI (Received Signal Strength Indicator) が上昇していることを確認した.また対馬による山岳回折の有無がチャンオン局からの伝搬特性に影響を与えることも確認できた. 
(英) Recently, in Japan, the digitalization of the terrestrial TV broadcasting systems have been finished, and supplementary FM broadcastings for AM ones and multimedia broadcastings have been introduced for efficiently utilizing the V-Low (VHF Low) band, that was a frequency band formerly assigned for analog TV broadcasting waves from Ch.1 to Ch.3. The V-Low band is now utilized by analog FM broadcasting systems in Korea. Especially in Chugoku and Kyushu regions, the V-Low band radio systems have possibilities of co-channel interferences caused by overreach propagations of FM waves from Korea. In this study, to evaluate characteristics of the overreach propagations, which are necessary to estimate the interferences in V-Low band, we have measured FM waves from Korea in Kyushu region for two years or more. This report shows the measurement results obtained in Kyushu University and Kyushu Institute Technology from Sep. 2013 to Sep. 2015. The measurement targets were FM waves from Busan, Changwon and Ulsan station in Korea. From the measurement results, it was found that the overreach propagations frequently occurred from March to October and the RSSI (Received Signal Strength Indicator) were increased 20dB or 30dB more than usual. And it was also confirm that the overreach propagations from Changwon station were affected by the mountain diffractions of Tsushima.
キーワード (和) V-Low帯 / オーバーリーチ伝搬 / FM放送 / 大気ダクト / RSSI / / /  
(英) V-Low band / Overreach Propagation / FM Broadcasting / Atmospheric Duct / RSSI / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 142, AP2016-44, pp. 43-48, 2016年7月.
資料番号 AP2016-44 
発行日 2016-07-13 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SAT SANE  
開催期間 2016-07-20 - 2016-07-22 
開催地(和) 小樽マリーナ 
開催地(英) Otaru port marina 
テーマ(和) リモートセンシング,電波伝搬,一般, 衛星通信 
テーマ(英) Remote sensing, Radio propagation, Antennas and Propagation, Sattelite Communication 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2016-07-AP-SAT-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) V-Low帯における韓国からのオーバーリーチ伝搬の測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measurements on Overreach Propagation from Korea in V-Low Band 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) V-Low帯 / V-Low band  
キーワード(2)(和/英) オーバーリーチ伝搬 / Overreach Propagation  
キーワード(3)(和/英) FM放送 / FM Broadcasting  
キーワード(4)(和/英) 大気ダクト / Atmospheric Duct  
キーワード(5)(和/英) RSSI / RSSI  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西 正博 / Masahiro Nishi / ニシ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷山 曙多朗 / Shotaro Taniyama / タニヤマ ショウタロウ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 新 浩一 / Koichi Shin / シン コウイチ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-21 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2016-44 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.142 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2016-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会