電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-21 11:20
低基地局移動通信における変動メカニズムを考慮した受信レベル中央値変動の取得法
村杉昌紀中林寛暁千葉工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告は,高基地局マクロセル環境において提案されているウェーブレット変換を用いた受信レベル変動解析法を基に,その解析法を低基地局マイクロセル環境に拡張し,変動メカニズムを考慮した中央値変動取得法について示している.変動メカニズムに基づいて中央値変動を取得するには,多重解像度解析において中央値変動が含まれているレベルを適切に見極めることが重要となるが,大地反射を除いたレイトレーシングによる受信レベル変動を多重解像度解析することにより,レベルの見極めが容易になることを示した.その結果,従来から使用されている中央値処理で得られる結果と比べて,対象とする経路上で中央値変動の標準偏差は最大で0.8 dB小さく,また自己相関が0.5となる相関距離は約6 m大きくなることを示した. 
(英) This report shows an acquisition method of a median variation in consideration of a variation mechanism. The method was expanded the analysis method of a received level using a wavelet transformation suggested in a macrocell with a high base station antenna height into a microcell with a low base station height. To acquire the median variation based on the variation mechanism, it is important to ascertain wavelet levels in a multi-resolution analysis included the median variation. Then, it was shown that the ascertainment became easy by performing the multi-resolution analysis of the received level variation expected an earth reflection in a ray-tracing. As a result, the standard deviation of the median variation was smaller up to 0.8 dB, and the correlation distance that the distance when an autocorrelation was 0.5 was larger about 6 m than conventional results.
キーワード (和) 中央値変動 / 低基地局 / ウェーブレット変換 / 多重解像度解析 / / / /  
(英) median variation / low base station antenna height / wavelet transformation / multi-resolution analysis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 142, AP2016-45, pp. 49-53, 2016年7月.
資料番号 AP2016-45 
発行日 2016-07-13 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SAT SANE  
開催期間 2016-07-20 - 2016-07-22 
開催地(和) 小樽マリーナ 
開催地(英) Otaru port marina 
テーマ(和) リモートセンシング,電波伝搬,一般, 衛星通信 
テーマ(英) Remote sensing, Radio propagation, Antennas and Propagation, Sattelite Communication 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2016-07-AP-SAT-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 低基地局移動通信における変動メカニズムを考慮した受信レベル中央値変動の取得法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Acquisition Method of Median Level Variation Based on Variation Mechanism in Mobile Communications with Low Base Station Antenna Height 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 中央値変動 / median variation  
キーワード(2)(和/英) 低基地局 / low base station antenna height  
キーワード(3)(和/英) ウェーブレット変換 / wavelet transformation  
キーワード(4)(和/英) 多重解像度解析 / multi-resolution analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村杉 昌紀 / Masaki Murasugi / ムラスギ マサキ
第1著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中林 寛暁 / Hiroaki Nakabayashi / ナカバヤシ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-21 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2016-45 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.142 
ページ範囲 pp.49-53 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2016-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会