電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-21 13:50
損失媒質中における電磁界および近傍界利得の展開
石井 望新潟大)・浜田リラチャカロタイ ジェドウィスノプ和氣加奈子渡辺聡一NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) MHz帯におけるRF機器のSAR評価方法として,著者らは基準ループアンテナの近傍界利得を利用した方法について検討を進めている.本報告では,近傍界利得の距離特性を理解するために,アンテナからの距離の逆ベキで近傍界利得を漸近級数展開できることを定式化し,さらにPanicaliの方法により漸近級数をアンテナ振幅中心のまわりに展開することにより,廣瀬らにより導かれたアンテナ振幅中心を考慮した近傍界利得の距離特性が得られることを明らかにする.また,損失媒質中における電磁界の距離の逆ベキ展開を保証する展開定理を確認するために,電流分布により損失媒質中に発される電磁界の解析厳密式をFrensnel近似により導かれることを示す. 
(英) To evaluate SAR of RF devices operated in MHz band, the authors have studied a technique that uses near-field gain of reference antenna in the liquid. In this report, to clarify the distance property of the near-field gain, we formulate an asymptotic power series expansion of the near-field gain in terms of the inverse of the distance from the antenna, we asymptotically expand this series in terms of the inverse of the distance of the amplitude center of the antenna by using Panicali's method, and we find the distance property of the near-field gain which was derived by Dr. Hirose. To check the expansion theorem, which ensures the asymptotic power series expansion of the fields in the homogeneous lossy medium, a rigorous expression of the fields proposed by the current distribution can be derived by using the Fresnel approximation.
キーワード (和) 近傍界利得 / 振幅中心 / フリスの伝達公式 / 漸近級数展開 / 損失媒質 / SAR評価 / プローブ較正 /  
(英) near-field gain / amplitude center / Friis transmission formula / asymptotic power series expansion / homogeneous lossy medium / SAR evaluation / probe calibration /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 142, AP2016-49, pp. 73-78, 2016年7月.
資料番号 AP2016-49 
発行日 2016-07-13 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SAT SANE  
開催期間 2016-07-20 - 2016-07-22 
開催地(和) 小樽マリーナ 
開催地(英) Otaru port marina 
テーマ(和) リモートセンシング,電波伝搬,一般, 衛星通信 
テーマ(英) Remote sensing, Radio propagation, Antennas and Propagation, Sattelite Communication 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2016-07-AP-SAT-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 損失媒質中における電磁界および近傍界利得の展開 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Expansion of Electromagnetic Field and Near-Field Gain in Lossy Homogeneous Medium 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 近傍界利得 / near-field gain  
キーワード(2)(和/英) 振幅中心 / amplitude center  
キーワード(3)(和/英) フリスの伝達公式 / Friis transmission formula  
キーワード(4)(和/英) 漸近級数展開 / asymptotic power series expansion  
キーワード(5)(和/英) 損失媒質 / homogeneous lossy medium  
キーワード(6)(和/英) SAR評価 / SAR evaluation  
キーワード(7)(和/英) プローブ較正 / probe calibration  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 望 / Nozomu Ishii / イシイ ノゾム
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜田 リラ / Lira Hamada / ハマダ リラ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) チャカロタイ ジェドウィスノプ / Chakarothai Jerdvisanop / チャカロタイ ジェドウィスノプ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 和氣 加奈子 / Kanako Wake / ワケ カナコ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 聡一 / Soichi Watanabe / ワタナベ ソウイチ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-21 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2016-49 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.142 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2016-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会