電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-21 13:50
APSK伝送における衛星中継器特性を利用した等化器の性能検証
小島政明鈴木陽一小泉雄貴斎藤恭一田中祥次NHK
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 4K/8Kスーパーハイビジョン衛星放送の伝送方式の標準規格(ARIB STD-B44 ver. 2.0)が策定された.本規格では,1中継器で8K放送が可能なように,シンボルレート33.7561Mbaud,ロールオフ率0.03が採用され,変調方式として16APSKや32APSKが新たに追加された.16APSKや32APSKは,現行衛星放送で採用されているTC-8PSKと比較して伝送容量は増大するが,衛星中継器で生じる歪による伝送性能の劣化が大きくなる.これへの補償法として,筆者らは,中継器の入出力特性の逆特性を受信装置の等化器の一部として組み込む方法を提案した.本稿では,提案する等化器の性能をシミュレーションにより検証する. 
(英) A technical standard for a satellite transmission system (ARIB STD-B44 ver. 2.0) has been drawn up for 4K/8K UHDTV services. The symbol rate of 33.7561 Mbaud and the roll-off factor of 0.03 were adopted in this standard to broadcast 8K service per transponder. 16APSK and 32APSK as new modulation schemes were also adopted in this standard. Although the transmission capacities for the 16APSK and 32APSK could be more increased than those for the current TC-8PSK, they are more vulnerable to non-linear distortion of the satellite transponder. Aiming to compensate for this distortion, we proposed an equalization system using receiver-built-in the inverse characteristics of the satellite transponder. In this study, we verify the received performance of the proposed equalization system by computer simulations.
キーワード (和) 16APSK / 32APSK / 衛星中継器 / 等化器 / / / /  
(英) 16APSK / 32APSK / satellite transponder / equalization / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 144, SAT2016-17, pp. 35-38, 2016年7月.
資料番号 SAT2016-17 
発行日 2016-07-14 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SAT SANE  
開催期間 2016-07-20 - 2016-07-22 
開催地(和) 小樽マリーナ 
開催地(英) Otaru port marina 
テーマ(和) リモートセンシング,電波伝搬,一般, 衛星通信 
テーマ(英) Remote sensing, Radio propagation, Antennas and Propagation, Sattelite Communication 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2016-07-AP-SAT-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) APSK伝送における衛星中継器特性を利用した等化器の性能検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) APSK Performance Verification for Equalization Using Satellite Characteristics 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 16APSK / 16APSK  
キーワード(2)(和/英) 32APSK / 32APSK  
キーワード(3)(和/英) 衛星中継器 / satellite transponder  
キーワード(4)(和/英) 等化器 / equalization  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小島 政明 / Masaaki Kojima / コジマ マサアキ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 陽一 / Yoichi Suzuki / スズキ ヨウイチ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小泉 雄貴 / Yuki Koizumi / コイズミ ユウキ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 恭一 / Kyoichi Saito / サイトウ キョウイチ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 祥次 / Shoji Tanaka / タナカ ショウジ
第5著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-21 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2016-17 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.144 
ページ範囲 pp.35-38 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SAT-2016-07-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会