電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-20 16:45
時間差分チャネルに基づくMIMOレーダの人物トラッキング性能の評価
笹川 大本間尚樹岩手大)・中山武司飯塚翔一パナソニック
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 著者らは時間差分チャネルを用いたMIMO (Multiple-Input Multiple-Output) レーダによる屋内位置推定法を提案している.
同手法は時変動伝搬チャネルを生体変動の周期に対応する時間でチャネルの差分を取ることにより,フーリエ変換を用いる従来法と比べて短い観測時間で生体位置推定が可能となる.
しかし,これまでの検討では静止した状態のみの検討に留まっており,移動する対象の位置推定特性の評価は未検討であった.
本報告では,時間差分チャネルに基づくMIMOレーダの人物トラッキング性能の評価を行う.
実験結果より,3.3秒で求めた差分チャネルを用いることによって平均0.70 m以内の位置精度で歩行中の人物をトラッキングできることを明らかとする. 
(英) We have proposed the living-body localization method suitable for indoor environment using MIMO (Multiple-Input Multiple-Output) radar, where a temporal differential channel is used.
In this method, a temporal differential channel is calculated by taking difference among the observed channels corresponding to biological activity, and this method is faster to estimate the target locations are fast estimated by the calculated channel based on Fourier transformation.
However, our studies have focused on the only state of standing still, and no examination with the moving object has been studied yet.
In this paper, we study human tracking performance of MIMO radar using temporal differential channel.
The experimental results demonstrate that the proposed method can estimate the target trajectories, and the average location error is up to 0.70 m even when the observation period for each the estimation is set to 3.3 seconds.
キーワード (和) MIMOレーダ / 到来波方向推定 / 人物トラッキング / マイクロ波センサ / / / /  
(英) MIMO radar / DOA estimation / human tracking / microwave sensors / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 142, AP2016-43, pp. 37-42, 2016年7月.
資料番号 AP2016-43 
発行日 2016-07-13 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SAT SANE  
開催期間 2016-07-20 - 2016-07-22 
開催地(和) 小樽マリーナ 
開催地(英) Otaru port marina 
テーマ(和) リモートセンシング,電波伝搬,一般, 衛星通信 
テーマ(英) Remote sensing, Radio propagation, Antennas and Propagation, Sattelite Communication 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2016-07-AP-SAT-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 時間差分チャネルに基づくMIMOレーダの人物トラッキング性能の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Human Tracking Performance of MIMO Radar using Temporal Differential Channel 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMOレーダ / MIMO radar  
キーワード(2)(和/英) 到来波方向推定 / DOA estimation  
キーワード(3)(和/英) 人物トラッキング / human tracking  
キーワード(4)(和/英) マイクロ波センサ / microwave sensors  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹川 大 / Dai Sasakawa / ササカワ ダイ
第1著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 本間 尚樹 / Naoki Honma / ホンマ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 武司 / Takeshi Nakayama / ナカヤマ タケシ
第3著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯塚 翔一 / Shoichi Iizuka / イイヅカ ショウイチ
第4著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-20 16:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2016-43 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.142 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2016-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会