電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-20 14:55
コプライムアレーにおけるテプリッツ行列を用いた高性能なDOA推定法
グェン アントゥワン松原 隆黒川恭一防衛大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 一様線形アレーアンテナによる到来波の高精度な到来方向推定であるMUSIC法やESPRIT法などが良く知られている.しかし,到来波数が多い状況では,アレー素子数が多く必要となるためコスト負担が大きいという問題点がある.このため,少ない素子数でも多くの到来波に対して到来方向を推定することが出来るコプライムアレーが提案されている.MとNが互いに素であるとし,最初の素子を共有する2M素子とN素子の一様線形アレーアンテナを結合した形の2M+N-1素子のコプライムアレーにより,Palらは空間平均法を用いてMN個の到来波に対して到来方向推定可能な方法を提案している.しかし,Palらによる空間平均法では,MとNが増加すると推定性能が大きく落ちてしまう問題点がある.そのため,本研究では,Palらは空間平均法の代わりにテプリッツ行列を用いて高性能な到来方向推定法を提案し,計算機シミュレーションにより提案法の有効性を明らかにする. 
(英) MUSIC and ESPRIT are high accuracy direction of arrival(DOA) estimation methods using uniform linear array antenna(ULA). However, there are problems that the cost burden increase when a lot of array elements are necessary in the situation with many arrival signals. Therefore, the coprime array has been proposed for DOA estimation to detect more arrival signals than the number of array elements. By using 2M+N-1 elements of a coprime array which is the union of a pair of N and 2M elements ULAs with the same first element, Pal et al. have propsed a spatial smoothing based method and this enables us to perform DOA estimation of MN signals. However, when M and N increase, this method has a problem that the estimation performance degrades significantly. In this research, a high performance DOA estimation method is proposed by using Toeplitz matrix and the numerical examples demonstrate validity of proposed method.
キーワード (和) 一様線形アレーアンテナ / 到来方向推定 / 互いに素 / コプライムアレー / テプリッツ行列 / / /  
(英) ULA / DOA / Coprime / Coprime array / Toeplitz matrix / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 142, AP2016-39, pp. 13-18, 2016年7月.
資料番号 AP2016-39 
発行日 2016-07-13 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SAT SANE  
開催期間 2016-07-20 - 2016-07-22 
開催地(和) 小樽マリーナ 
開催地(英) Otaru port marina 
テーマ(和) リモートセンシング,電波伝搬,一般, 衛星通信 
テーマ(英) Remote sensing, Radio propagation, Antennas and Propagation, Sattelite Communication 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2016-07-AP-SAT-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コプライムアレーにおけるテプリッツ行列を用いた高性能なDOA推定法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High Performance DOA Estimation Method with Coprime Array using Toeplitz Matrix 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 一様線形アレーアンテナ / ULA  
キーワード(2)(和/英) 到来方向推定 / DOA  
キーワード(3)(和/英) 互いに素 / Coprime  
キーワード(4)(和/英) コプライムアレー / Coprime array  
キーワード(5)(和/英) テプリッツ行列 / Toeplitz matrix  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) グェン アントゥワン / Anh-Tuan Nguyen / グェン アントゥワン
第1著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松原 隆 / Takashi Matsubara / マツバラ タカシ
第2著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒川 恭一 / Takakazu Kurokawa / クロカワ タカカズ
第3著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-20 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2016-39 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.142 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2016-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会