電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-20 14:20
0.8GHz帯から37GHz帯における建物侵入損失モデル
猪又 稔佐々木元晴鬼沢 武NTT)・北尾光司郎今井哲朗NTTドコモ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 0.8GHz帯から37GHz帯の建物侵入損失の測定結果とレイトレース解析結果を比較した.解析結果から,屋外の建物壁面で多重反射し,建物へ侵入する経路が最も建物侵入損失に影響しており,その伝搬経路は周波数特性と3次元入射角度特性を持つことを明らかにした.また,解析結果に基づき周波数特性と3次元入射角度特性を考慮した建物侵入損失モデルを提案し,従来モデルよりも周波数特性の推定誤差を最大約5.4dB,3次元入射角度特性の推定誤差を最大約8.5dB改善でき,建物侵入損失の測定結果を精度良く推定できていることを確認した. 
(英) A building entry loss model is proposed for next generation mobile communication systems. The proposed model covers a frequency range from 0.8 to 37 GHz bands. Path loss characteristics is analyzed by ray tracing method. We clarify that the paths where reflected multiple times at the outdoor wall of a building and then diffracted into the building are dominant. Moreover, we also clarify how the path loss depends on frequency and three dimensional incident angle. Thus, we constructed building entry loss model employing these dependencies. We found that it can improve the predicted error maximum 5.4 dB from 0.8 to 37 GHz band and 8.5 dB in three dimensional incident angle. Therefore, we conclude that the proposed model can accurately predict the actual building entry loss.
キーワード (和) 電波伝搬 / ミリ波 / 建物侵入損失 / 5G / / / /  
(英) Propagation / Millimeter wave / Building entry loss / 5G / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 142, AP2016-38, pp. 7-12, 2016年7月.
資料番号 AP2016-38 
発行日 2016-07-13 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SAT SANE  
開催期間 2016-07-20 - 2016-07-22 
開催地(和) 小樽マリーナ 
開催地(英) Otaru port marina 
テーマ(和) リモートセンシング,電波伝搬,一般, 衛星通信 
テーマ(英) Remote sensing, Radio propagation, Antennas and Propagation, Sattelite Communication 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2016-07-AP-SAT-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 0.8GHz帯から37GHz帯における建物侵入損失モデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Building Entry Loss Model in 0.8 to 37 GHz Bands 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波伝搬 / Propagation  
キーワード(2)(和/英) ミリ波 / Millimeter wave  
キーワード(3)(和/英) 建物侵入損失 / Building entry loss  
キーワード(4)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 猪又 稔 / Inomata Minoru / イノマタ ミノル
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 元晴 / Sasaki Motoharu / ササキ モトハル
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鬼沢 武 / Onizawa Takeshi / オニザワ タケシ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 北尾 光司郎 / Kitao koshiro / キタオ コウシロウ
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT docomo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 哲朗 / Imai Tetsuro / イマイ テツロウ
第5著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT docomo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-20 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2016-38 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.142 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2016-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会